特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る |  »

2016年最終のアフタヌーンカフェのお知らせ~アフタヌーンカフェ12月の会を開催します!

アフタヌーンカフェは、APEXのボランティアグループの協力で行っている、カフェイベントです。
インドネシアのコーヒーをお飲みいただきながら、APEXの活動をご覧いただいたり、
気になるテーマについて話し合う勉強会などを行っています。
今回は、2016年の最後の回としまして、APEXが今年行った国際協力事業をダイジェストでご紹介します。
第2部では、SDGs(持続可能な開発目標)をテーマとする勉強会を行います。
お飲みものやお菓子をご用意してお待ちしておりますので、どうぞお気軽にお越しください!

★*今年最後のアフタヌーンカフェ!12月の会@鶯谷オフィス*★

▼日時 
2016年12月17日(土)14:00-17:30

▼会場
APEX東京事務所(地図
東京都台東区根岸 1-5-12 井上ビル2F

▼プログラム
14:00-14:10 オープニング
14:10-15:10 第1部 APEXの活動のご紹介~2016年の活動を振り返って~
         はじめての方に、APEXの活動を分かりやすくご紹介いたします。 
         今回は、2016年の最後の回としまして、今年1年の活動を  
         振り返ります。インドネシアのコーヒーを片手に、お気軽に
        ご参加ください!
15:10-15:20 休憩
15:20-16:20 第2部 グループスタディ 
         テーマ「持続可能な開発目標の歴史的経緯と今後の可能性」
          
       "持続可能な開発"という概念は1980年代に生み出され、今では、
        広く知れ渡るようになりました。しかし、世界の現状を見渡し
        た時、どれほどの持続可能な開発が実行され、今日の世界の
        問題を解決してきたというのでしょうか。
        SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Developoment Goals)
        は、2015年に策定され、貧困の撲滅や不平等の是正、生態系の
        保全など、17の分野における2030年までの達成目標を掲げています。
        今回の勉強会では、SDGsの具体的内容と策定経緯などを共有し、
        今後、国あるいは企業、個人がどのような活動をしていけば
        よいかについて話し合いたいと思います。

16:20-16:30 休憩
16:30-17:30 ボランティアミーティング(参加自由)
17:30 終了 
※終了後、近くのレストランで懇親会兼忘年会を行います!こちらへもお気軽にご参加ください。

▼参加費
無料

▼申し込み方法
メール、電話またはFAXで、「アフタヌーンカフェ参加希望」と明記のうえ、お名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。

▼お申込先
特定非営利活動法人APEX(担当三木)
電話:03-3875-9286 FAX:03-3875-9306 
E-mail:tokyo-office[at]apex-ngo.org
URL:http://www.apex-ngo.org/

AFC12月の会

流動層コールドモデル実験中

SATREPS事業、ジョクジャカルタでの流動層コールドモデル実験ですが、装置の設置後、
ブロワーの能力不足や、ノズルの圧力損失という問題があり、検討と改良を繰り返しました。

販売業者・作製会社のミスで、設計していたブロワーよりも40%程度の出力で
あったため、NEDO 事業で使用していたブロアーを追加しました。

CIMG3336.jpg     追加

ノズルの圧力損失が想定より大きかったため、とりはずし
内部の閉塞を改良し、測定、その後ノズルの内径を大きくします。

インドネシア・ベントナイト社に実験で用いる粒子サイズ (180~425µm)
を注文していますが、10分の1程度しか未だ届いていません。

実験を進めるためにはNEDOの実験で使用した粒子を使うしかありませんが、
粒子サイズが平均500µmと大きいため、計算上今ついているブロワーの能力では流動化が難しいです。
そこで425µmの篩を用いて、ふるい分けを行い、下に落ちたものだけを使用します。

NEDO事業で使用した135kWのプラントから粒子を取り出し、乾燥、ふるい分けを行います。

CIMG3467.jpg  CIMG3643.jpg  CIMG3646.jpg

ディアン・デサのスタッフやインターン生の大野さんにも手伝ってもらい、
手作業のため、苦労もありましたが、必要量を得ることが出来ました。

CIMG3645.jpg    CIMG3647.jpg

いろいろな問題がありましたが、いよいよ実際に流動層内に粒子を
入れて運転させるという段階まで来ました。
(APEX 須藤)

第13回総会の開催と2015年度の年次報告書の完成

一般的に5-6月は総会の時期ですが、APEXでも、第13回となる(NPO法人となってから13回目)年次総会を2016年6月5日(日)に開きました。

APEXの総会では、各担当が1年間の活動をパワーポイント等で写真や図を交えながら詳しくご説明しています。2015年度は、排水処理事業が4年4か月の助成期間を終えたこと、バイオマスエネルギー事業(サトレプス、炭のガス化等)の技術開発が進んだこと、認定NPO法人として認定を受けたことなどが大きなトピックでした。
排水処理では、4年間の成果を、サトレプス事業・炭のガス化事業では、技術的開発の経過などが説明されていました。

加えて、排水処理やジャトロファ事業は、次の展望についてを、さらに学会の創設など新しい動きについての話合い等もあり、たいへんボリュームのある内容とはなりましたが、会員のみなさまからも重要なご意見をいただきながら、充実した討議を行うことができました。それらを踏まえて、審議事項は無事に採決にいたっています。
ご参加いただきましたみなさま、どうもありがとうございました。

soukai222.jpgsoukai1_201607201538244e1.jpg
soukai5.jpgsoukai4.jpgsoukai6.jpg

そのような総会を経て、このたび、2015年度の活動と2016年度の計画を年次報告書にまとめましたので、お知らせします。
HPにも掲載いたしましたので、下記のリンクからどうぞご覧ください。

2015_AnnualReport-1-1.jpg

2015年度年次報告書はこちらから

会員のみなさまには、追ってご登録住所に郵送いたします。是非ご一読いただき、ご意見、ご要望などが
ございましたら、お気軽に事務局宛てにお寄せいただけますとさいわいです。

(APEX三木)

 | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 未分類
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org