FC2ブログ
特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る |  »

【報告】第7回適正技術フォーラム 「持続可能な開発のための適正技術に関する包括的フレームワークをめぐって-国際会議『SDGs×適正技術×アジア』プレイベント-」

 2019年9月7日(土)に第7回適正技術フォーラム「持続可能な開発のための適正技術に関する包括的フレームワークをめぐって-国際会議『SDGs×適正技術×アジア』プレイベント-」が、地球環境パートナーシッププラザで開催されました。今回は、グループディスカッションを中心とした構成になっており、35名(講師・スタッフ除く)の方々にご参加いただきました。ご参加いただいたみなさま、誠にありがとうございました。
IMG_5286縮小のコピー

 まず、APEX/ATFJ代表理事田中より、適正技術に関する包括的フレームワークの意義と素案についてプレゼンテーションがありました。今日、SDGsは多方面から支持されているにかかわらず、実際に使われている技術や主流的技術開発の方向性はSDGsからかけはなれている、という指摘があり、①貧困・格差の問題、②環境・資源の問題、③人間・労働疎外の問題という3つのカテゴリの問題に焦点を当てながら、これからの技術のあり方がどのようなものでなければならないかを論じるものでした。
IMG_8765.jpg

 次に、公益財団法人地球環境戦略研究機関参与西岡秀三先生と、國學院大學経済学部教授古沢広祐先生より、お二人のご専門も踏まえてフレームワークへのアドバイスをいただきました。特に西岡先生の「人間社会の「持続可能性」とは、「人」が幸福である状況が続いている状態ではないか」という提起が印象深かったのと、古沢先生の「フレームワークが、ある技術が適正かどうかなどを判断する基準のようなものになったらいいのでは」というご提案もとてもためになるものでした。古沢先生は、今こそ、このようなフレームワークを広く社会に訴えていくべきといわれ、たいへん力づけられました。
IMG_8772.jpgIMG_8783.jpg

 続くグループディスカッションでは、①②③のテーマごとに分かれ、議論を行いました。どのグループも熱心にディスカッションを行ってくださり、時間が足りなかったという声も聞かれました。
IMG_5319縮小後

終了後の懇親会は、今回は一般のお店で行いましたが、多くの方にご参加いただきました。次回はいよいよ12月7日(土)、8日(日)の国際会議になります。みなさまのご参加、心よりお待ちしております。

ベトナム調査(適正技術情報収集活動)

7月29日から8月3日にかけて、適正技術情報収集活動の一環で、ベトナムでの現地調査を行いました。
スタッフ2名+ボランティア4名での来訪となりました。

1日目は、再生エネルギーの普及や資源問題に携わっている、GreenIDのオフィスに伺いました。
主な活動分野として、1.環境調和型の開発(Green Development)、2.持続可能なエネルギー供給 (Sustainable Energy)、3.水と大気の管理 (Water and Air Governance)があり、どの分野でも住民参加型のアプローチに重きを置いています。再生エネルギー技術の導入数はそこまで多くなかったですが、アドボカシー活動などを通して、ベトナムのエネルギー供給のあり方によい影響を与えていくのではと思いました。
image3_201908231031212f5.jpegimage2.jpeg


2日目は農村の産業支援をしているVIRI(Vietnam Rural Industries Research and Development Institute)を訪れました。各地域の伝統工芸や資源を生かしながら、住民の人が使いやすい「シンプルで役に立つ技術」や知識を共有することで、地域産業の発展に取り組んでいる団体です。例えば、形が悪いなどの理由で捨てられていたオレンジを使って、エッセンシャルオイルをつくるなど。地元にある資源を生かすことで環境にも負担をかけず、また、住民と一緒に商品を作り上げていく中で、住民の能力開発にもつながっているのではと感じました。
image1_201908231031271b1.jpegimage4_20190823103122aae.jpeg


3日目は、ローコスト住宅の設計なども行っているH&P Architectsという企業で情報交換を行いました。
この企業ではマズローの欲求5段階説(図1)に沿って建設を行っており、特に貧困層のニーズとして、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのニーズに対応する建設物の建築に力を入れているそうです。洪水の際に水に浮く竹の家や、トイレと植物栽培を組み合わせた建物など、斬新なアイデアとデザインが印象的でした。
キャプチャimage5_20190823103124bba.jpeg


そして、現地滞在最終日には、参加者全員でこの海外調査での学びをシェアしあいました。それぞれの視点からの学びがあり、とても勉強になりました。ありがとうございました。(ジェンキンソン 陽(みなみ))

【ご報告】第196回APEXセミナー/適正技術フォーラム第3回研究会を開催しました。

3月30日(土)に第196回APEXセミナー/適正技術フォーラム第3回研究会を開催いたしました。

第196回APEXセミナー/適正技術フォーラム第3回研究会

今回は、「今後の持続可能な社会形成のための技術体系をめぐって」をテーマに、2018年度の適正技術情報収集ワーキンググループの成果をご報告しました。

第一部では、「適正技術」につながる「中間技術」の概念が打ち出された1960年代中盤から今日にいたるまでの流れの骨格をなす文献を代表田中よりご紹介しました。
文献

その中で、なぜ適正技術が広まっていかなかったのかなどかつての適正技術概念の弱みを見つめ直し、また今後「包括的なフレームワークを策定する」「適正技術センターの創設をする」などの普及の方向性を提示しました。
参加者の方々からも、SDGsの普及を例にあげ、なぜ普及したのかというドライバーを参考にしては、というような意見がでました。

第二部では、インドネシアならびにフィリピンの、適正技術関連団体計7団体の現地調査について代表田中よりご報告し、実際に現地調査に同行したグループメンバーからもコメントをいただきました。
海外調査報告

今回のセミナーで本当にこれが必要だな、と私個人が再認識したことがあります。それは、「どんなに良いことをおこなっていても、素晴らしい考え方を持っていても、人々に広めていかなければ世界をよりよい方向にかえることはできない」ということです。広報担当として、この学びを忘れずに活動を行っていきたいと思います。

また、2019年度適正技術ワーキンググループは、これまでの活動の蓄積を共有し、適正技術に関する新しい包括的なフレームワークの打ちだしに取り組む予定です。ぜひみなさまのお力をおかりして、多くの人々に広まっていくようなフレームワークを策定できればと思っております。ご参加お待ちしております。

 | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2019-12 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ セミナー・研究会・研修
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix




携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org