特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

環境NGOと市民の集い

大隈講堂 昨日、環境再生保全機構の主催で「環境NGOと市民の集いPart2 Let's エコボランティア and エコ就職」が開かれ、その中でAPEXも発表をしてきました。会場は早稲田大学でした。

 早稲田大学に行ったのははじめてでしたが、校舎内にエレベーターとエスカレーターがあったり、教室内に大型の液晶モニターが2つもあったりして、ちょっと感動してしまいました。さすが有名私立大学です。心なしかトイレも広く感じました。(すみません、田舎もので)大隈講堂で記念写真を撮っている人がいて、私も思わず撮ってしまいました。
 
 それはさておき、この集いでは「エコボランティア、エコ就職って何だろう?」というプレゼンテーション、パネルディスカッション「環境NGOの最新事情!」の後で、各分科会で助成金受給団体の発表がありました。APEXはバイオマスエネルギープロジェクトについて発表を行いました。集いの終了後は各団体に個別相談会があり、APEXのところにも何人か訪れました。会場に持っていったパンフレット類もたくさんの方が持ち帰ったようです。

続きを読む »

第148回APEXセミナーのお知らせ

第148回 APEXセミナー 2005年12月10日(土)

-------------------------------------------------------------
「グローバル化時代の戦争と平和」
 講師: 武藤一羊氏 (ピープルズ・プラン研究所共同代表)
-------------------------------------------------------------

 冷戦の終結後、世界の政治的・経済的構造は大きく変わり、アメリカの覇権の突出、テロリズムや地域・民族紛争の頻発、貧富の格差の拡大、資源・環境問題の深刻化など、多くの問題が生じています。いわゆるグローバル化が急速に進展していく今日の世界を、私たちはどのようにとらえたらいいのでしょうか。また、今日の世界の問題を乗り越える代替的な社会は、どのように展望できるのでしょうか。民衆の側の視点に立ちつつ、世界の構造をまさにグローバルな視点から解析し、またピープルズプラン21など、グローバル化への対抗的な運動の形成にも力を尽くしてこられた武藤一羊さんにお話を伺います。

講師プロフィール:
武藤 一羊(むとう いちよう)
 1931年東京生まれ。東京大学文学部中退。初期の原水禁運動の専従、ジャパン・プレス社勤務などを経て、60年代ベ平連運動に参加。1969年、英文雑誌『AMPO』創刊、1973年、アジア太平洋資料センター(PARC)設立にかかわる。1996年まで代表、共同代表を務め、国際プログラム「ピープルズ・プラン21」を推進。1998年、ピープルズ・プラン研究所を設立、現在共同代表。2001年、アジア平和連合(APA)の創設を推進、現在運営委員。1983年―2000年、ニューヨーク州立大学(ビンガムトン)社会学部教員。
 著書に『主体と戦線』(合同出版・67年)、『支配的構造の批判』(筑摩書房・70年)、『根拠地と文化』(田畑書店・75年)、『日本国家の仮面をはがす』(社会評論社・84年)、『政治的想像力の復権』(御茶の水書房・88年)、『ヴィジョンと現実』(インパクト出版会・98年)、『〈戦後日本国家〉という問題』(れんが書房新社・99年)、『帝国の支配/民衆の連合』(社会評論社・03年)ほか。
 訳書にE・クリーバー『氷の上の魂』(合同出版・68年)、G・ハンコック『援助貴族は貧困に巣くう』(朝日新聞社・922年)ほか。

 
【日 時】 2005年12月10日(土)
      午後6時00分-午後8時00分
【会 場】 早稲田奉仕園 奉仕園会館50人ホール
       新宿区西早稲田2-3-1 電話 03-3205-5411
        (地下鉄早稲田駅から徒歩約5分)
http://www.hoshien.or.jp/map.html
【参加費】 一般 800円 APEX会員 300円 (定員50名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お問い合せ・お申し込み先】 
 APEX事務所 TEL:03-3875-9286 担当:彦坂・久保田
       FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org 
 URL:http://www.apex-ngo.org/

第1回「開発とNGO」研究会のご報告

11月8日(火)に、「開発とNGO」研究会の第一回を開催しました。

参加者は計7名。
自己紹介⇒研究会の概要説明⇒報告⇒ディスカッション、という進め方
を予定していましたが、自己紹介の段階からいつのまにかディスカッションが始まっていました(笑)。
今回は西川潤『人間のための経済学』の第1部(第1~3章)を報告予定でしたが、あっという間に時間が経ち、結局1章までしか進めませんでした。
皆さんとてもお熱いです。

今回の集まりで私が一番実感したのが世代間の感覚のギャップです。
直さんの言葉を借りると、冷戦終了前後で「戦前世代・戦後世代」と世界観が少し違うそうです。
ただ、みんな遠慮なく思ったことを言えていて、学生時代に帰ったようでした。

この会はメンバーで本を輪読し、ディスカッションをするというのがメインですが、そのほかにもそれぞれ自分の興味のあるテーマを自由に発表する「自由研究」(仮)のコーナーを設ける予定です。なので、「開発なんか勉強したことないしなあ・・・」という方も、全く問題ありません。
また、途中参加をされても大丈夫なように毎回ある程度テーマを区切って議論するので、予習・復習などができそうに無いという方も遠慮なくご参加下さい。
なるべくたくさんの方々にきて頂きたいと思います。

ちなみに次回研究会は以下の要領で行います。

日時:12/8(木)午後6:30~
場所:APEX事務所
テキスト:西川潤『人間のための経済学』第二部(第4章~第7章)
     (前回できなかった2・3章も簡単に報告します)
報告者:鍛治さん

ご参加申込は事務所の久保田まで。


 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2005-11 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2005年11月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org