fc2ブログ
特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

「動的ネットワークで地域社会を開く‐霞ヶ浦アサザプロジェクト-」のお知らせ

事務局の三木です。

来る5月16日(日)、APEXセミナーを下記のとおり開催いたします。ただいまお申し込みを受け付けておりますので、ご関心がございましたらどうぞご参加下さい。


第167回APEXセミナー
--------------------------------------------------------------------
「動的ネットワークで地域社会を開く‐霞ヶ浦アサザプロジェクト-」
 講師 飯島 博氏(NPO法人アサザ基金 代表理事)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
--------------------------------------------------------------------

 経済発展に伴う大量生産・大量消費システムの拡大や都市への人口流入等
が進むにつれ、自然破壊や環境汚染がもたらされることも多く、地域の人の
つながりも希薄になりがちです。行政的対応が効果を上げない中で、地元の
資源を見直し、そこでの人や自然との結びつきを深めながら、自立した地域
社会を築こうという市民の側からの動きも出始めています。
 日本で二番目に大きな湖である霞ヶ浦周辺では、これまで、人口増加や湖
岸開発などにより水質汚濁や環境破壊が進み、流域にさまざまな影響を与え
てきました。NPO法人アサザ基金では、霞ヶ浦の再生を目標とし、周辺の学
校や企業、行政までをも巻き込んで、環境保全と経済振興が両立する「市民
型公共事業」を展開しています。
 私たちの生活の基盤ともいえる地域社会の環境を保全し、持続的な発展を
目指すには、地域の自然や人々とどのような関係を構築していけばいいので
しょうか。アサザ基金代表理事の飯島氏にお話をうかがいます。

(講師プロフィール)
飯島 博氏
特定非営利活動法人アサザ基金代表理事、霞ヶ浦北浦をよくする市民連絡会
議事務局長など。長野県出身。1995年から、湖と森と人を結ぶ霞ヶ浦再生事
業「アサザプロジェクト」を推進している。湖岸植生帯の復元事業や外来魚
駆除事業、流域の谷津田の保全等の活動を地域住民、学校、企業や行政と共
同で取り組み、参加者は現在までに20万人を越えている。NPOは社会のホル
モンであると位置づけるなど独創的な思考に基づく取り組みは、大学や経済
界でも研究テーマに取り上げられ、この分野では、先駆的な役割を果たして
いる。著書として、『よみがえれアサザ咲く水辺―霞ヶ浦からの挑戦』(共
著 文一総合出版 1999年)、『自然再生事業―生物多様性の回復をめざして』
(共著 築地書館 2003年)、『水をめぐる人と自然』(有斐閣選書2003年)、
『地球環境読本Ⅱ』(丸善 2004年)など多数。

【日 時】 2010年5月16日(日)14:30 - 17:00(14:15受付開始)
【場 所】 JICA地球ひろば セミナールーム202
      東京都渋谷区広尾4-2-24
      TEL:03-3400-7278/FAX:03-3400-7264
       http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
      (東京メトロ日比谷線広尾駅下車(A3出口)徒歩1分)
【参加費】 800円(APEX会員300円) (定員40名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
       FAXで、第167回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
       連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
   
【お申し込み/お問い合せ先】
 ウェブサイト http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
 特定非営利活動法人APEX (担当:三木)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/

第1回「開発とNGO」研究会『コンヴィヴィアリティのための道具』報告

桜が満開となっても、お花見するには肌寒い4月4日(日)、第1回「開発とNGO」研究会が開かれました。
初回は、定員15名にせまる12名が参加しました。

第1回は、テキストとしてイリイチの「コンヴィヴィアリティのための道具」を取り上げました。人間の生活を便利にしている様々な道具がありますが、本書では、道具の進歩がある分水嶺を越えると、人間が道具に従属させられること、そしてそのような社会のあり方を指摘しています。本書での指摘の部分は大いに共感できますが、自分の中では既に当たり前にもなっていて、さして問題と思ったこともないということを感じたとき、少し驚きました。本書を通して、まさに道具に使われている自分を感じた気がします。

イリイチが提唱する「自立共生的な社会」の構築についても考えさせられましたが、少なくともそのような社会を築こうという動きというのは、小規模なレベルでは広がりつつあるようにも思います(あくまでも個人的な感想です)。

第1回研究会の様子
(第1回研究会の様子)

第1回にご参加いただいたのは、環境分野や市民活動、国際協力に関心をお持ちの社会人と学生の方々でした。初回なのでご発言の少ないことも考えていましたが、そんな心配は無用だったようで、ご発言も多く、活気あるスタートとなりました。

第2回では、第1回をふまえつつ、見田宗介先生の「現代社会の理論」を取り上げていきます。ご関心がございましたらどうぞご参加下さい。

(APEX三木)

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2010-04 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年04月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix




携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org