特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

コミュニティ排水処理事業 新規プロジェクトの準備

こんにちは。今年の1月からAPEXの排水処理事業担当としてジョクジャカルタに赴任している杉浦と申します。
2月ごろから地元の大学に通い、インドネシア語の習得を行っていました。現在は、コミュニティ排水処理の新規プロジェクト立案の準備を行っています。

インドネシアは熱帯地域に位置している為、温暖化による水被害(洪水や干ばつ)を受けやすく、更に、適切な排水処理施設も整っていない為、特に都市の住宅が密集した地域では衛生状態が悪く、より深刻な被害を受けやすい状態です。

川で水浴びをする様子(川で水浴びをする住民)

これまでPUSTEKLIMで開発してきた、コミュニティ排水処理システムの適用を広めていけば、そのような地域の衛生状態を格段に改善できると思われます。折りしも、イントネシア政府としても、PUSTEKLIMで取り組んできたような分散型の排水処理を強力に推し進める方針が打ち出していますので、前回のプロジェクトの経験をふまえ、その成果を広めていくような新しいプロジェクトを形成すべく、準備を進めています。

インドネシアでは、まだ採用される技術が非常に限られており、このままPUSTEKLIMから何もインプットしないと、ほとんどが嫌気性処理だけのプロセスとなってしまい、処理水の水質が心配されます。少なくとも選択できる技術・システムの幅をふやしていくことが重要ではないかと考えてのことです。
排水処理設備(コミュニティ排水処理事業で設置された排水処理設備)

設置された回転円板(トイレを設置する家庭も増えました)

関連するデータの収集のために、気象庁の方などにメールや電話をする際にもインドネシア語で何とか理解して頂けるようになりましたので、最新データをいただいて、インドネシアで最も温暖化による水被害を受けやすい場所の地図をGIS(Geographical Information System、地理情報システム)を使って作っています。

(APEX杉浦)

【現地レポート】GPSを使用した植栽地調査

ジャトロファ事業担当の彦坂です。

先週、3日間かけてGPSを使用した植栽地の調査を行いました。調査の目的は植栽地の緯度や経度を測定し、地図上に植栽地の分布などの情報を載せるためです。これまでこの事業で植栽した土地は200ヘクタールになりますが、大小合わせると約200ヶ所もの土地に分かれています。

P7210982

 

その中には道路のすぐ脇にある場所もあれば、丘の中腹や山道を30分ほどかけて歩いたところもあります。そのような所は、苗木を植栽した土地の所有者である住民に先導してもらいながら行きました。村の住民はそこに農園があるので、いつも歩いている道なのですが、慣れていない私にとって獣道かと思うぐらいの道を歩くのは大変でした。

 

道路から一番離れた農園から撮影した写真。右に見えるのが村のコミュニティです。

P7221058

 

以下は第1期の2009年2月ごろに植えた苗木の写真。すでに乾季の中盤に入り、葉っぱが枯れ落ちてきています。

 P7221041

 

果実が収穫できるのもあと1,2か月ぐらいのようです。

P7241124

 

調査最終日となる土曜日には、この事業でジャトロファの植栽に参加した住民からヤシの実を4個もらいました。

P7241139

(APEX彦坂)

【現地レポート】電力公社での運転テスト開始

APEXの彦坂です。

7月12日の週に4日間、電力公社(PLN)にある発電機でジャトロファの油脂を燃料とする運転テストを行いました。テスト2日目となる火曜日には私も立ち会いました。

 

テストはジャトロファの植栽地であるレロロジャ村の隣村にある小さな発電所で行われました。そこには1台で20kWの小さなディーゼル発電機が計4台あり、80kWで周辺の約250世帯の電力をまかなっています。とはいっても、発電機が動かされるのは夜6時から朝6時までの間だけです。

 

まずはジャトロファの精製油と軽油の混合燃料でテストを行います。以下は、ジャトロファの精製油を計量しているところです。

P7130931

それを前日使用したタンクに入れ、混合の割合を調整します。

P7130955 

混ぜます。タンクの土台や、混ぜる棒が木の枝という所がインドネシアっぽいです。

P7130957

発電機を始動させます。初めは軽油を燃料に使い、発電機が温まったらジャトロファ油との混合燃料に切り替えます。

P7130936

以下は、燃料を切り替えるところ。

P7130943

 

この日は夜6時前から運転を開始し、夜9時過ぎまで運転が行われました。また、この日はテスト2日目ではありますが、実際にジャトロファ油と軽油の混合燃料の使用された発電機が電力グリッドに初めて接続された日でもありました。

この事業の中でジャトロファ油が初めて住民の役に立てられた日に、立ち会えたことに少し感動しました。住民にとっては昨日とまったく同じ電気を使った日でも、事業にとっては大きな一歩を踏み出した日になります。

その翌々日のテストでは、徐々にジャトロファ油の割合を増やしていき、短時間ではありますが100%ジャトロファ油でも問題なく発電機が動くことが確認されました。このテストの成功を受けて、今後、PLNと供給量や価格などの交渉を行っていくことになります。

(APEX彦坂)

第4回研究会のご報告と次回のご案内

 本格的にムシ暑い季節になりました、いかがお過ごしですか?インターンの金子です。
7月4日に開かれた第4回研究会のご報告をいたします。

 今回、テキストとして竹田青嗣著 『人間の未来-ヘーゲル哲学と現代資本主義-』を読み合わせました。
本書は、ヘーゲル論を中心とした近代社会における哲学論の解釈により、近代国家や国家の構造を把握するとともに、現代社会の矛盾を克服して持続可能な社会を築くための原理について論じています。
本書の中で、竹田さんは、欲望の普遍的な闘争を制するためには法国家・資本主義そのものを棄却して新しいものを選択できないという見地から、対立を調整していく国家を形成する方向性で論じていますが、一方で、第2回目の研究会で取り上げた見田さんの見解では、現在の資本主義システムは、「共同体」が自由を保証し合いながら、自然や他者からの収奪を必要としない“自由な社会”をつくりだすという必要性が論じられています。ディスカッションの中では、「見田さんの描くもののほうが相乗的で長いスパンを考えれば理想的ではあるが、地球温暖化や南北問題など早急な解決を要する問題を考えると、竹田さんの論にも説得力を感じる」、という意見が出て、両者の見解について幅広い意見交換がなされました。
 
 また、「人間的『自由の本質』」という章では、近代人の生の目標や対象(ほんとう)について解説されているのですが、(ほんとう)の中で、近代社会における自由な人間関係を築く理念として紹介されている仕事の概念「ほんとうの仕事」について、どのような範囲までそう呼ぶのか、様々な例を挙げつつ考えました。



研究会7・4

            第4回研究会の様子


 さて、次回8月1日(日)の研究会のご案内です。
第5回目は、テキストに広井良典著『グローバル定常化社会-地球社会の理論のために-』、副読本として、広井良典著『持続可能な福祉社会』を使用します。

 ご関心がございましたら、ふるってご参加ください。



第3回Firs stepフォーラム(スタディーツアー合同説明会)のご報告

  5月から7月にかけて開催されました「First stepフォーラム」が、第3回(最終回)をもって無事終了しました。
開催期間中には約150名以上の来場者があり、各回とも活気のあるイベントとなりました。国際協力に興味のある学生や社会人の方々にとって、スタディーツアー参加への良いきっかけになったのではないかと思います。

 First stepフォーラムでは、スタディーツアー説明会のほかにも毎回ワークショップや講演会があり、私自身参加していてとても面白かったです。会場にいる人たちと「貿易ゲーム」や「100人の村」を体験したり、実際に国際協力の現場で働いている方々のお話を聞くことで、国際協力・NGOについての理解を一層深めることができたと思います。
 国際協力やNGOの活動にご興味がある方で今回参加できなかった方は、また次の機会がございましたら、ぜひご参加されてみてはいかがでしょうか。


ファーストステップ3

   第3回First stepフォーラム 会場の様子


 また、2010年度APEXスタディーツアーについてですが、7月20日をもって募集を締め切らせていただきました。来年度も開催予定ですので、ご関心がございましたらぜひご参加ください。



APEXセミナー「炭素会計で考える地球と人間の未来」のお知らせ

みなさまこんにちは。事務局の三木です。

直前のお知らせになってしまいましたが、来る7月25日(日)に、第168回APEXセミナー「炭素会計で考える地球と人間の未来」を開催することとなりましたので、ご案内いたします。
お誘い合わせの上、ふるってご参加下さい。


(以下、転送歓迎)

■第168回 APEXセミナー 2010年7月25日(日)
--------------------------------------------------------------------
「炭素会計で考える地球と人間の未来」
 講師 橋爪 大三郎氏(東京工業大学教授)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
--------------------------------------------------------------------

 地球温暖化を防止するためには、先進国が率先して大幅な温室効果ガス削
減をはからなければならないことは、いうまでもありません。日本政府も20
20年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減することを表明してい
ますが、その実現へ向けての具体的な道のりは、必ずしも明らかではありま
せん。
 橋爪大三郎さんは、温室効果ガスを目標どおり削減する強力なツールとし
て、「炭素会計」を提唱しておられます。個人や企業が経済活動にともなっ
て排出する炭酸ガスを計量・集計して、規制や取引の基礎とするものです。
今回のAPEXセミナーでは、橋爪さんをお招きし、そのような先駆的制度の
構築や、温暖化防止をめぐって国際社会の中で日本が果たすべき役割などに
ついて、お話を伺います。 

(講師プロフィール)
橋爪大三郎氏
 東京工業大学教授。神奈川県出身。1977年東京大学大学院社会学研究科博
士課程単位取得退学後、執筆活動を経て、1989年より東京工業大学に勤務。
1996年より現職。専門分野は理論社会学、宗教社会学、現代アジア研究、現
代社会論。
 主な著書に『はじめての言語ゲーム』(講談社現代新書)、『裁判員の教
科書』(ミネルヴァ書房)、『家庭でできる法事法要』(径書房)、『「炭
素会計」入門』、『低炭素革命と地球の未来』(ポット出版)、『世界がわ
かる宗教社会学入門』(ちくま文庫)、『「心」はあるのか』(ちくま新書)、
『言語ゲームと社会理論』、『仏教の言説戦略』(ともに勁草書房)、『性
愛論』(岩波書店)など多数。

【日 時】 2010年7月25日(日)14:30 - 17:00(14:15受付開始)
【場 所】 JICA地球ひろば セミナールーム301
      東京都渋谷区広尾4-2-24
      TEL:03-3400-7278/FAX:03-3400-7264
       http://www.jica.go.jp/hiroba/about/map.html
      (東京メトロ日比谷線広尾駅下車(A3出口)徒歩1分)
【参加費】 800円(APEX会員300円) (定員60名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
       FAXで、第168回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
       連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
   
【お申し込み/お問い合せ先】
 ウェブサイト http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
 特定非営利活動法人APEX (担当:三木)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/

(APEX三木)

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2010-07 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2010年07月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org