特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

第8回年次総会が開かれました

真夏を思わせる暑さが少し和らいだように感じた6月25日(土)、第8回年次総会が開かれました。

2010年度に実施した海外事業は、ジャトロファ事業が主でしたが、バイオマスガス化、排水処理とも新規事業の形成準備も進め、排水処理事業は2011年度から開始の見込みとなっています。当日はジャトロファ事業の進展がパワーポイントで報告され、さらにバイオマスガス化、排水事業の新規事業の構想についても詳しく説明されました。

総会のようす1
(お久しぶりの方や初めての方も)

国内事業は、2009年度に続いて、統一テーマを定めてセミナー、「開発とNGO」研究会、スタディーツアーを連携させつつ行ってきました。2010年度のテーマは「代替社会を考える」でした。研究会などでは常連の方も見られるようになり、また、ボランティアグループが国内事業にコミットしてくれたりと、参加型を一段進めた結果となったと思います。

ところで、APEXは事業規模に比べて会員数が少なく、知名度も低く、これを改善することが積年の課題となっています。しかし、体制の問題もありなかなかすぐには改善できませんでした。

しかし、今年はNPO法改正や新しい寄付法案の成立などを受けて、NGOに追い風となりそうなこと、そして財政状況からしても広報やファンドレイジングを強力に進める必要があり、それらの審議も熱心に行われ、具体的な方法や体制などについても決定されました。

昨年からボランティアチームが活動していることをはじめ、インターンや退職された方など、さまざまな方がAPEXへの協力を買って出てくれています。2011年は、このようなボランティアの方々の協力を得ながら、積年の課題に取組んでいくことになります。

総会の様子2
(今年の方針が審議・決定される)

2011年も、アジア~地球規模の環境問題や貧困の緩和などを目指して、海外、国内ともに頑張って参りますので、応援よろしくお願いいたします。
また、ボランティアとしてAPEXの活動を支援していただける方のご参加もお待ちしています。

(APEX三木)




【現地レポート】電力公社へのジャトロファ油供給開始

ジャトロファから生産された軽油代替燃料がなんとか製品としての形になり、電力公社とのMOU(覚書)に基づき、発電所へ初めて納入されました。ジャトロファ油は軽油に比べて粘性が高いのですが、油脂の温度が上がると粘性が低くなります。そこで、発電機の廃熱を利用して、発電機に投入する前にジャトロファ油を温めるコンバーター(熱交換器)を利用します。

ジャトロファ油が利用された発電機が下の写真のものです。

ジャトロファ油が使われる発電機

コンバーターを取り付ける現地スタッフ。

発電機にコンバーターを設置する

この発電所の設備の外観は以下の写真のとおりです。原色を多用しているのが、インドネシアっぽいです。日本だったら、かなり違和感を感じますが。

ジャトロファ油が使われる発電所

以下のポリタンクに入ったものが、初出荷製品です。製品名は、現地の言葉でジャトロファを指すDAMAR(ダマール)から名前をつけた「DAMAX(ダマックス)」です。

ジャトロファ軽油代替燃料「DAMAX」

運転の結果は順調で、購入者の電力公社からの反応も良好です。

(APEX彦坂)

第36回理事会が開かれました

APEXでは、原則2ヶ月ごとに理事会を行っており、4月に引き続く今年3回目の理事会を6月4日(土)に行いました。

APEXの理事会には、理事以外の会員の方も多く参加して下さっています。最近は20~30代の会員の出席率もふえています。
ほぼ2ヶ月毎に海外プロジェクトの報告を受けているのですが、思った以上にさまざまな動きがあり、またその都度問題なども発生していたりするので、その展開のしかたは個人的にも勉強になります。今回の理事会では、ジャトロファ事業の現状や課題について、バイオマスガス化の新規事業に向けた準備について、そして会の財政基盤などについての話が中心だったでしょうか。また、ボランティアチームの活動への期待感なども感じました。

プロジェクトがどのように進行し、どのような課題があるのかをお知りになりたい方、そして、何らか協力ができないかというお気持ちをお持ちの方などは、一度理事会に参加されてはいかがでしょうか。次回の理事会は9月3日(土)14時30分ごろからを予定しています。

また、今週土曜日(6月25日)は、APEXの年次総会もあります。2010年度の進捗をパワーポイント等で分かりやすく解説いたします。会員のみなさまとスタッフが意見交換できる機会でもありますので、この機会にどうぞご参加ください。
(APEX三木)

【現地レポート】事務所移転

これまでフローレス島マウメレ市にあるディアン・デサ財団(協力団体)の事務所内の2部屋を、ジャトロファ事業における現地事務所として借用していましたが、この6月にそこから約12km離れたジャトロファ・センター内へ事務所を移転しました。

事務所内の事務室は以下のような感じです。

事務所内

また、実験室や応接室(ミーティングルーム)も設置されています。

実験室

応接室

実験室では、ジャトロファ・センターで搾油・精製された油脂の品質管理などに必要な分析を行っています。

個人的には、マウメレ市に住んでいるので職場が遠くなったのがちょっと残念ですが、農園や搾油・精製設備などの管理のためにはジャトロファ・センター内に事務所があった方が便利ですし、新しい環境で仕事をするのも楽しいので、こちらに移って良かったと思っています。

(APEX彦坂)

【ご報告】第171回APEXセミナー「戦後の日本・インドネシア関係史をめぐって」

みなさま、こんにちは。国内インターンの北田です。
去る5月28日(土)、JAICA地球ひろばにて第171回APEXセミナーが行われました。
今回のセミナーは、倉沢愛子先生をお招きし、戦後の日本とインドネアの関係についてお話を伺いました。今から約50年前、日本とインドネシアとの間に外交関係が生まれました。しかし、かつて従属関係にあった両国の国交回復に至るまでには、残留日本人問題や日本のインドネシアに対する戦争賠償など、様々な壁を乗り越えて築きあげられてきたことを忘れてはなりません。倉沢先生は日本とインドネシアの関係について、両国の歴史を追いながら、また中立的な立場で丁寧にわかりやすく説明していらっしゃいました。

日本とインドネシア関係史のこのような事実に、多くの参加者の方が驚かれていました。2008年、インドネシア日本友好50周年記念として、様々なイベントが開催されていたことは、記憶に新しいと思います。今から約50年前、インドネシアと日本の間で、このような歴史があったことを知ることは、今私たちが日本とインドネシアの関係を築く方法のひとつになるのではないでしょうか。

今回のセミナーも多くの方にご参加いただきました。お足元が悪い中、足を運んでくださった参加者のみなさま、ありがとうございました。(APEX北田)

171回

第172回APEXセミナー「現代の貧困とは何か」のお知らせ

みなさま、こんにちは。国内インターンの北田です。
天候が変わりやすい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

早速ですが、第172回APEXセミナーが決まりましたのでお知らせいたします。
今回のセミナーでは、西川潤先生をお招きし、今年のAPEX国内企画のテーマでもある「貧困」についてお話を伺います。お誘い合わせの上、ふるってご参加ください。


第172回 APEXセミナー 2011年7月9日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「現代の貧困とは何か」
 講師 西川 潤氏(早稲田大学名誉教授)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 貧困の問題は、もはや「途上国」だけの問題ではなく、グローバル化の進
展とともに、いわゆる「先進国」の問題としても、新しい広がりを見せてい
ます。そのような貧困は、世界のどのような構造から生じ、どのように克服
されていくべきものなのでしょうか。また、そもそも貧困とは何なのでしょ
うか。
 西川潤さんは、長年にわたり、今日の世界の構造や、社会を動かしている
要因を動的にとらえ、経済、政治、国際関係、人権、民主主義、援助、市民
運動等、さまざまな角度から、問題の核心を追求し、その解決・緩和への方
策を探ろうとされています。今回は、APEXセミナーとしても久しぶりに西川
さんをお招きし、最近のご研究の成果を伺います。

※西川潤著『データブック貧困』(岩波ブックレットNo.730、2008年)をテ
キストとして使用します。


(講師プロフィール)

●西川 潤氏
 早稲田大学名誉教授。専門は国際経済、開発経済学。1959年早稲田大学第
 一経済学部卒業、1966年パリ大学高等学術研究院を経て、1968年早稲田大
 学大学院経済学研究科博士課程を修了。早稲田大学経済学部教授等を経て
 現職。これまで、国連研修所(ニューヨーク)、ラサール大学(マニラ)、
 パリ第一大学、フランス社会科高等研究院、北京大学、チュラロンコーン
 大学(タイ)、パリ国立政治学院、ポートランド州立大学等の客員教授を
 歴任。著書に『飢えの構造 近代と非ヨーロッパ世界』(ダイヤモンド社,
 1974年)、『貧困』(岩波書店[岩波ブックレット], 1983年/新版,
 1994年)、『人間のための経済学-開発と貧困を考える』(岩波書店,
 2000年)、『仏教・開発・NGO――タイ開発僧に学ぶ共生の智慧』(共編、
 新評論, 2001年)、『アジアの内発的発展』(編著,藤原書店,2001年)な
 ど多数。近著に『グローバリゼーションを超えて-脱成長時代 日本の選
 択』(日本経済新聞出版社,2011年6月刊)がある。


【日 時】 2011年7月9日(土)14:00-16:30(13:45受付開始)
【場 所】 環境パートナーシッププラザ セミナー・スペース(GEOC)
      東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学1F
      (東京メトロ:銀座線・千代田線・半蔵門線、表参道駅B2出口
      より徒歩5分)
      http://www.geoc.jp/support/facility/annai_seminar101221.pdf
【参加費】 800円(APEX会員300円)(定員40名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
       FAXで、第172回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
       連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
       http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html

【お申し込み/お問い合せ先】 
 特定非営利活動法人APEX (担当:三木)
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/

以上

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2011-06 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2011年06月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org