特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【報告】第174回APEXセミナー「東インドネシア・フローレス島におけるジャトロファ事業の進捗と展望(続報)」

去る3月3日、環境パートナーシッププラザにて、第174回APEXセミナー「東インドネシア・フローレス島におけるジャトロファ事業の進捗と展望(続報)」を開催いたしました。今回のセミナーは、APEX代表田中を講師として、2008年9月~2011年10月の間、助成事業として、その後自立的事業として実施していますジャトロファ事業をご紹介し、これまでの課題を整理しながら今後の展望について考えるものでした。

プロジェクトを実施した地域では、急速に森林伐採が進んでいて、毎年7%の森林が失われています。また、主な産業が農業、漁業などの第一次産業に偏っていて、他にめぼしいものがなく、住民の生活水準が国内でも最も低い地域とされています。このようなことを背景にして、APEXでは、荒地でも育つジャトロファを複合的に利用しながら、環境保全と住民の生活向上が両立するような事業に取り組んできました。
助成期間の3年間で、ジャトロファを50万本植え、搾油・精製の拠点となるジャトロファセンターを建設し、住民との関係性も築きながら、モデルの形成に努めてきましたが、本事業の自立的発展には、住民のモチベーションを維持していくこと、種子からとれた軽油代替燃料が石油と競合していかなければならないことなど、まだまだ課題があるのが現状です。

今後、住民が自主的に事業を継続させていくためには、またフローレス島で形成された地域開発モデルを今後他の地域でも展開していくためは、再生可能エネルギーの価値を世界レベルでさらに高めていかなければならないと、改めて思いました。

質問時間には、参加者のご意見も伺うことができ、APEXとっても有意義な会となりました。
セミナーにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。(APEX北田)


APEX代表理事 田中直 
講師:APEX代表理事 田中 直 
 セミナーのようす
 会場のようす                 

排水処理適正技術研修(3日目・4日目)

研修後半の2日間(3日目、4日目)は、2日目にやり残した排水処理適正技術に関する講義やグループに分かれての排水処理設備の設計演習、現地視察が行われました。

3日目の3月15日には排水処理適正技術に関する講義の後、排水処理設備の設計演習を行いました。参加者は3つのグループに分けられ、それぞれコミュニティー排水処理、病院の排水処理、食品加工工場の排水処理という課題を与えられます。

排水処理適正技術に関する講義

排水処理適正技術に関する講義の様子

排水処理設備の設計演習の様子生活排水の処理設備の設計を行なっているグループ

左:排水処理設備の設計演習の様子、右:生活排水の処理設備の設計を行うグループ

4日目の3月16日は、午前中は先行事業で建設されたクリチャック地区、スクナン地区の排水処理設備の視察を行いました。午後には各グループごとに設計の成果を発表して、質疑応答を行いました。

各グループによる設計成果の発表

食品加工工場の排水処理設備の設計を行ったグループによる成果発表

参加者のアンケートでは、大変有益な研修内容であったという意見が多く寄せられました。

(APEX彦坂)

排水処理適正技術研修(1日目・2日目)

昨日から、ジョクジャカルタのSantika Premiereというホテルで、排水処理適正技術研修を開催しております。研修は4日間の日程で、排水処理に関わる政策や制度、排水処理方法や排水処理設備の設計などを学ぶものです。

今回の研修には、ジャワ島内やカリマンタン、スマトラ島などから企業、地方政府機関(環境局、住宅地地域施設局)、協力先NGOなどの関係者、大学生など、計39名の参加がありました。研修参加者募集の告知が若干遅くなったためか、申し込みの出足がよくなかったのですが、最終的には目標の35名を上回る結果となりました。

初日にあたる昨日は、排水処理に関わる政策や基準、排水処理の概論、生活排水処理に関する政策とプログラム、有害物質を含んだ排水の処理についてゲスト講師が講義を行いました。

サバール氏(環境庁)チャンドラ氏(バンドン工科大学)
左:中央環境庁のサバール氏、右:バンドン工科大学のチャンドラ氏

ワハヌディン氏(国家開発企画庁)アグス氏(ガジャ・マダ大学)
左:国家開発企画庁のワハヌディン氏、右:ガジャ・マダ大学のアグス氏

2日目にあたる本日は、PUSTEKLIM(排水処理適正技術センター)のヘルマン氏、APEX代表の田中による、前処理を含めてより具体的に排水処理方法についての講義が行われました。

ヘルマン氏(PUSTEKLIM)田中氏(APEX)
左:PUSTEKLIMのヘルマン氏、右:APEXの田中

研修の様子
参加者のみなさん、真剣に講義を聴いております。

3日目の明日は、各グループに分かれて排水処理設備の設計演習を行う予定です。4日目は、午前中にPUSTEKLIMの先行事業で建設されたクリチャック地区、スクナン地区の排水処理設備の視察を行った後、各グループによる演習の成果を発表する予定です。

(APEX彦坂)

【MARIの突撃レポート】第六弾「排水処理・ジャトロファ事業対象地域をまわる2月」

こんにちは。国内インターンの北田です。花粉とともにに春の訪れを感じられるようになりました。

さて、毎月、インドネシアから帰国した代表の田中さんを突撃しては、現地の活動について取材を行い、みなさまにご報告をさせていただいているこの「突撃レポート」。今回は、事業の進捗に加え、国内のようすも聞いてみました。それでは2月のQ&Aスタート!!




Q1.2月はどんな活動をされましたか

A1.
例によって、コミュニティ排水処理のモデルシステムを設置する4つの都市を回って、地方政府と打ち合わせしたり、モデルシステム設置候補となっているコミュニティを訪ねたりしていました。ジョクジャカルタのPUSTEKLIMで打ち合わせした後、はじめにスラカルタ(ソロ)市、それから、バリ島のタバナン、その後一度ジョクジャカルタへ戻って、プカロンガン、テガールと回ってきました。バリ島へ行ったついでに、JICAの仕事は数日休みをもらって、フローレスにも行ってきました。
今回のプロジェクトでは、4つの地方政府と合計7つの覚書を結ぶ必要があるのですが、今月までにそのうち3つまで済み、他にほぼメドが立っているものが3つあるという状態です。今回は、最後のテガール市との打ち合わせが印象的で、とても好意的にプロジェクトを受け止めてくれていることが伝わってきました。地域開発局長が会議をまとめたのですが、ずいぶん聡明な女性で、要点を手際よく整理し、覚書もほぼまとまった状態です。それぞれの地域によって事情は異なり、候補地探しでも進展がありますが、詳しくはAPEX通信にまとめます。

 プカロンガン   テガール
  (プカロンガン市政府との現地視察)       (メモを片手に、テガール市対象地域の排水溝前にて)         

Q2.フローレス島のようすはどうでしたか
A2.
種子の収集量をふやすために、1月から特別価格での種子の引き取りが始まっています。これが相当な効果があり、やっと住民が動き出してくれたという感があります。これからどれだけ収集量が伸びるか楽しみです。


Q3.日本に帰国した際には、いつも何をしていますか
A3.
日本には、毎月10日間ぐらい滞在しますが、その間にだいたい6つか7つぐらいの用事があります。人と会う用事が多いです。三木さんと北田さんの顔を見に事務所へもなるべく出るようにしています。インドネシアだとお腹をこわすことはめったにないのですが、日本へ戻ってくるとよくこわします。多分お腹の中がインドネシアの微生物に支配されているのだと思います。仕事が混んでくると事務所へ出る余裕もなくなり、そうこうしているうちに次の訪問になってしまいます。


Q4.3月の予定を教えてください
A4.
3月は、PUSTEKLIMの定番というか、排水処理適正技術研修があって、それがメインとなりますが、その合間をぬって、また4つの拠点都市を回るのと、もしかすると中央政府のワーキンググループでの二回目のプレゼンテーションをするかもしれません


以上、2月の田中さんの活動レポートでした。次回は、今月(3月)主催予定のPUSTEKLIMによる排水処理適正技術研修について聞いてみたいと思います。 (APEX 北田 万理)
 

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2012-03 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2012年03月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org