特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【現地レポート】ジャトロファの種子の収集

ジャトロファ・センター(PUSPHA)では、現地スタッフが近隣の各村を訪れて、ジャトロファの種子の買い取りと同時にジャトロファ栽培の普及活動を行なっています。

2006年にインドネシア政府がバイオ燃料生産量を増やすために各地方政府機関を通じてジャトロファの栽培を推奨していましたが、実際に収穫ができる頃になると種子の買い手は現れず、住民ががっかりしてジャトロファの木を切って他の作物に転換してしまったことが多くあります。

そのような経験を持つため、APEXがジャトロファの搾油・精製設備をつくり、種子の買い取りを行なっていると人づてに聞いたりはしているものの、ジャトロファの栽培や収穫には真剣に取り組まない住民も多いのです。各村の村長に会って協力を求めることも大事なのですが、実際にジャトロファを植えている農民に直接会って、話をすることも、住民との信頼関係を築く上では重要なことです。

住民に種子買い取りに関して告知を行う現地スタッフ3住民に種子買い取りに関して告知を行う現地スタッフ2

P6191467-001.jpg住民に種子買い取りに関して告知を行う現地スタッフ1

さらに、2010年10月から2011年2月にかけて、苗木生産・植栽・養生に関するワークショップを計39村で実施しましたが、ワークショップ開催地へも随時、現地スタッフがモニタリングのために訪れています。

以前のワークショップ開催地のモニタリング
「PUSPHA(APEX)指導によるジャトロファモデル農園」と書かれた看板の横に立つ現地スタッフ

(APEX彦坂)

【現地レポート】フィルタープレスによるろ過と脱ガム

以前、ジャトロファの種子からの搾油作業の様子をお伝えしました。種子から採取された油は、その後3日間静置され、スラッジ(汚泥)を取り除きます。

下の写真は静置後の油です。
搾油・静置後の油脂

そして搾油の際に発生するスラッジ(汚泥)は、以下の写真のものです。
搾油後のスラッジ
このスラッジはまだ油分を多く含んでおり、コンポスト生産には向いていません。そのため、このスラッジから油分を取り除いてからコンポストの原料にすることを検討しています。

一方、静置後の油はフィルタープレスという機械を使って、ろ過を行います。以下の写真は、フィルタープレスから出てくるろ過後の油です。
フィルタープレスによるろ過

ろ過後の油は、以下の写真のように透明となります。
フィルタープレス後の油脂

この油脂の中にはまだリンが(実際にはリン脂質という形で)含まれており、それがエンジンの中に入ると堆積物ができたりするので、そのリンを除去しなければなりません。その工程を脱ガム工程といい、油の精製における最初の工程となります。

ジャトロファ・センターでは、リン酸を水に溶かした溶液を加熱した油脂と混合することで、脱ガムを行なっています。油を水と混合するので、反応後は油の層と水の層に分かれるのですが、そのうちの水の層に、油脂中に含まれていたリン脂質が移動します。下の写真で、黄色い油脂の層と無色の水の層の間にある白っぽいものが除去されたリン脂質です。
精製(脱ガム)工程で除去されるガム質

この後、上の層の油脂をさらにもう一度フィルタープレスでろ過してできたものが、製品油となります。

(APEX彦坂)

第175回APEXセミナー「外国人看護師・介護福祉士受け入れの現状と今後の課題―インドネシア人候補者を例に―」

来る6月16日(土)にAPEXセミナー「外国人看護師・介護福祉士受け入れの現状と今後の課題―インドネシア人候補者を例に―」を開催いたします。

2008年より経済連携協定(EPA)に基づくインドネシア・フィリピン人看護師・介護福祉士候補者の受け入れが行われてきましたが、国家試験に合格する方はごくわずかで、受け入れ側の負担も大きいなど、この制度に関して、さまざまな問題が指摘されています。

今回のセミナーでは、これまでインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の支援をしてこられたガルーダ・サポーターズ共同代表の星さとる氏をお招きして、EPAによる候補者受け入れに関する現状の問題点や、彼らが日本で就労し、看護師・介護福祉士不足にも貢献するためには何が必要か等についてお話をうかがいます。
ふるってご参加下さい。




第175回 APEXセミナー 2012年6月16日(土)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「外国人看護師・介護福祉士受け入れの現状と今後の課題
―インドネシア人候補者を例に―」
 講師 星 さとる氏(ガルーダ・サポーターズ共同代表)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

インドネシア、フィリピンとの経済連携協定(EPA)にもとづき、これま
で、1400人を超える外国人看護師・介護福祉士候補者の方が日本の医療機
関・介護施設で受け入れられていますが、国家試験を通過できる候補者は
ごくわずかです。
この制度をめぐっては、受け入れ条件の厳しさや支援制度の不備など課題
が多く、深刻化している看護師・介護福祉士不足に貢献するにはほど遠い
ものがあるばかりか、候補者側やそれを受け入れる日本の病院・施設にとっ
て、大きな負担となっている面があります。
 ガルーダ・サポーターズは、これまで、日本で学ぶインドネシア人看護
師・介護福祉士候補者の支援や問題改善のための政策提言などの活動に取
り組んでこられました。今回のセミナーでは、ガルーダ・サポーターズ共
同代表の星さとる氏をお招きして、EPAによるインドネシア人看護師・介護
福祉士候補者の受け入れに関する問題点や、彼らが日本の看護・介護分野の
担い手として定着していくためには何が必要か、受け入れ国である日本はど
のような態勢を整えるべきなのか等について、お話をうかがいます。


(講師プロフィール)

●星さとる氏
 パブリック・ベネフィット研究所代表。NPO・新公益法人運営コンサル
 タント。全国公益法人協会客員研究員。2009年より、経済連携協定(EPA)
 にもとづく看護師・介護福祉士候補者を支援するNGO「ガルーダ・サポー
 ターズ」の共同代表を務める。


【日 時】 2012年6月16日(土)14:00-16:30(13:45受付開始)

【場 所】 早稲田奉仕園 You-Iホール
      東京都新宿区西早稲田2-3-1
      (東京メトロ東西線、早稲田駅(3または2b出口)より徒歩5分)
      
【参加費】 800円(APEX会員300円)(定員40名)
【主 催】 特定非営利活動法人APEX
【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
       FAXで、第175回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
       連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
        

【お申し込み/お問い合せ先】 
 特定非営利活動法人APEX 
 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
 E-mail:tokyo-office(アットマーク)apex-ngo.org
 URL:http://www.apex-ngo.org/

以上

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2012-06 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2012年06月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org