特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

アースデイ東京2017に出展しました

earthday2017catch
国内事業・広報担当の塩原です。
2017年も、4月22日、23日とAPEXアースデイ東京にブース出展をしましたので、そのようすをご報告します。

そもそも「アースデイ」とは、1970年に始まった、世界175カ国、約5億人が参加する世界最大級の地球フェスティバル。2001年からは「アースデイ東京」として日本の代々木公園でも開催され、今回2017年度は地球環境や社会、平和などの問題に取り組むNGO/NPOが団体が活動紹介などで出展しています。(アースデイ公式HP

earthday2017_2

今回APEXの出展エリアは「国際協力・フェアトレード」エリアのはずでしたが、なぜか私たちのブースのみ、ケヤキ並木の「森林・緑化、生物多様性」エリアにはみ出した恰好になっていました。ただAPEXはバイオマスエネルギー事業にも注力していますので、どちらにも属しているとも言えますし、むしろ好都合だったかと思います。

さて、今回のブースはこんな感じになりました。↓↓

続きを読む »

メタノール合成実験も終盤です

低圧多段式のメタノール合成実験を試してきたわけですが、実験も終盤。

最初はあーでもない、こーでもないといろいろと工夫しながらやっていましたが

さすがに慣れました~

ということで、BPPTのスタッフも交えて講習会。
1

メタノール合成は200℃で行うので、朝いちばんにヒーターをオン。
3時間くらい待ってようやく所定の温度になります。
1479192756436.jpg

その後、いよいよ原料ガスを流します。
流量計でガス流量を調節。合成リアクターについているバルブの開閉具合を調整して、15barまで圧力をあげていきます。
1479194643856.jpg

1479192769501.jpg

合成反応が加熱タンク内にある反応槽の中で起こり、そのあと冷却タンクにある容器に入れ原料ガス+生成したメタノールガスを冷やします。
1479194620680.jpg

最初は水道水で冷やしていましたが、さすが南国!25℃くらいです。
原料ガスは、NEDOプロジェクトでやっていたときのガス組成を模した模擬ガスを使っているのですが、
メタノール原料の水素と一酸化炭素以外にも窒素や二酸化炭素があるので、冷却タンクをできるだけ冷やして生成メタノールガスをメタノール液として取り出します。

とういうことで、氷を作ってガンガン冷やすことに。
水道水をビニール袋に入れて2日前くらいから氷を作っておきます。

いっぱいに氷を入れても、意外に温度が下がらない。。。。。それでも5~7℃くらいまでは冷やせるようになりました~

現在は、今までのメタノール合成実験をまとめ中です~

(APEX・河合)

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2017年04月
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org