特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【報告】第157回APEXセミナー「途上国における技術移転・森林減少の現状と今後の課題」

2月12日(火)午後6時半から、第157回APEXセミナー「途上国における技術移転・森林減少の現状と今後の課題 -COP13の結果を受けて-」が開催されました。

講師のお一人、海外環境協力センターの加藤真さんは、「COP13-COP/MOP3での国際交渉について -途上国支援やCDMに焦点を当てて-」と題してのご講演をなさいました。COPで行われている国際交渉がどのようにおこなわれているか、そして昨年のバリのCOPがなぜ重要な会議であったか、CDMの現状などについてのお話でした。

途上国が温暖化ガスの削減に参加し、それを先進国が支援すると約束した点で、 バリの会議は重要なものであったと加藤さんは語られました。そして、CDMを通じて技術移転をどのように行っていくのかが今後の課題とのことでした。

もうお一方の講師、コンサベーションインターナショナルジャパンの日比保史さんは、世界の森林の現状、気候変動と森林減少・劣化と生物多様性の関連、COP13での検討事項や各国の交渉ポジションと合意内容などについてお話されました。京都議定書には含まれなかった森林減少・劣化の防止について、COPの場ではじめて本格的に議論されたと言う意味で前回のバリの会議は重要であったそうです。

技術移転、森林減少・劣化ともに途上国のニーズをどう取り入れるかが重要だと感じました。技術移転が単なる省エネ製品の輸出に終らないためにも、途上国の人でも製造・使用・修理の容易に出来る適正技術が必要なのではないでしょうか。

また、森林伐採は先進国の需要があるから減らないのであって、途上国でいくら保全しようと努力しても、より監視の甘い国に流れるということも考えられます。先進国の需要をどう適正にしていくか、持続可能な消費をどう促していくかが、今後の課題のように感じます。特に、日本は木材輸入量と輸送距離を掛けたウッドマイレージが世界一大きい環境負荷大国です。

先進国の支援・消費のあり方が問われているのではないでしょうか?

セミナー時の配布資料(PDFファイル):
「COP13-COP/MOP3での国際交渉について -途上国支援やCDMに焦点を当てて-」(2.56メガバイト)
「UNFCCC COP13/CMP3報告:途上国における森林減少及び森林劣化に由来する排出の削減(REDD)を中心に」(4.47メガバイト)

(APEX彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/131-77b27e21

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年02月 18日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ 【報告】第157回APEXセミナー「途上国における技術移転・森林減少の現状と今後の課題」
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org