特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【報告】「開発とNGO」研究会:『昭和史 1926-1945』

過去3回にわたって、半藤一利氏の『昭和史 1926-1945』を読み進めてきました。半藤さんは、この昭和初期(終戦まで)の歴史を振り返り、この間の日本の戦死者310万人が語りかけてくれるものは何かを記しています。

1.国民的熱狂をつくってはいけない。その国民的熱狂に流されてしまってはいけない。
2.日本人は抽象的な概念論を好み、具体的、理性的な方法論を全く検討しようとしない。
3.日本型のたこつぼ社会における小集団主義の弊害。
4.国際的常識を日本人はまったく理解していない。日本の位置づけを客観的に把握していない。
5.対症療法、すぐに成果を求める短兵急な発想。時間的、空間的な広い意味での大局観がない。

全体として、根拠なき自己過信と、失敗したときの底知れぬ無責任、これが日本を戦争に走らせ、大きな敗北にいたった原因であると半藤氏は語っています。

この頃の昭和天皇は形だけの日本のトップとして存在しているかのように思われますが、実は昭和天皇への畏れや敬意、忠誠心はずっと大きかったのではないかと、個人的には感じました。昭和天皇はずっと戦争の拡大を懸念していましたが、アメリカから無条件降伏以外に戦争が終ることはないと言われたとき、日本は最後まで徹底抗戦することを決意します。天皇制という国体を維持する為だったのではないかと思いました。

戦争をやめる機会は何度もありました。でも歯車がちょっとずつずれ出すように、誰もやめると言い出せなくなり、ずぶずぶと抜け出せなくなったのではないでしょうか。日本人の性質がそれほど変わっていないなら、また下手をするとまた戦争、戦争までは行かないまでも国際社会から孤立することもあるかもしれないと、地球温暖化対策の動きを見ていてちょっと思いました。

(APEX彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/132-e6f4354a

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2008年02月 18日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ 研究会
  └ 【報告】「開発とNGO」研究会:『昭和史 1926-1945』
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org