特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

スマトラ沖地震被災者支援活動の状況(10/16)

APEXの協力先団体であるディアン・デサ財団から、スマトラ沖地震被災者支援活動の状況報告が入ったので、お伝えします。

ディアン・デサ財団では、10月9日から、ポータブルな浄水器2台を用いた、浄水の供給活動を始めています。パダン市近郊の河川水を水源として、その水を浄化し、パダン市内の二ヶ所で配給しているとのことです。
被災地に設置された浄水のプラスチックバック
(被災地に設置された浄水のプラスチックバック)
(場所:パダン市北部のガンティング地区)

処理水量は、一台1時間当たり3,000リットルですが、浄水器の膜が閉塞してくると毎時1,000リットル程度に低下します。平均2,000リットルとしますと、一日12時間運転ですから、一日50,000リットルほどの配給量ということになります。(一人1日2リットルの水を飲むと仮定すると、25,000人分の水の量になります。)

配給された水を利用する住民
(配給された水を利用する住民)
(場所:同上)

ジョクジャカルタから、2006年のジャワ地震の際も同じ給水活動を行ない、その後排水処理適正技術センターのスタッフになったバキさんなど5名、地元パダン市から大学生のボランティアなど10名、計15名がこの活動に従事しています。

もし出来ましたら、ご一緒にディアン・デサ財団の活動をご支援していただければと思います。
スマトラ沖地震被災者支援募金のお願い

(APEX彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/252-a150fb52

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2009年10月 16日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ スマトラ沖地震
  └ スマトラ沖地震被災者支援活動の状況(10/16)
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org