特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

ジャトロファ事業のCDM/JI事業調査報告書

 この事業は、日本NGO連携無償資金協力事業としては終了した後も、APEX、現地協力先NGO、対象地域の住民の方々の協力のもとに、持続的に継続されていく予定です。事業の経済性を改善し、安定的な運営を行うために、CDM事業化することをめざしています。

(※)CDM(クリーン開発メカニズム)とは京都議定書内で定められた京都メカニズムの一つで、排出削減が義務付けられている先進国が開発途上国などにおいて温室効果ガス排出削減プロジェクトを実施した場合に、削減できた排出量の一定量を先進国がクレジットとして得て、自国の削減分として充当できる仕組みです。



 この事業では、地域の発電所にあるディーゼル発電機用の燃料(軽油)をジャトロファから生成された燃料に置き換えることで、年間約1,100トン(代替燃料生産量を400トンと仮定した場合)の二酸化炭素の排出量が削減されることになります。この削減量はCDM事業としては小規模ですが、CDM化が実現されれば、プロジェクトのモデル性が高まり、同種の事業の他の地域への普及を促進することが期待されます。

 このたび、CDM事業のコンサルタントとして多くの実績を上げられている三菱UFJ証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社)が、APEXやAPEX関連会社の適正技術研究所と協力して、この事業のCDM事業としての実現可能性調査を実施されました(地球環境センター/環境省委託事業、平成21年度CDM/JI事業調査)。

 2010年3月にはこの調査が終了し、事業の社会的・経済的背景や、技術面の概要、CDM事業としての実現可能性、利害関係者のコメントなどがまとめられた報告書が公開されています。是非ご一読下さい。

(APEX 彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/296-555a346a

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年05月 24日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ ジャトロファ事業
  └ ジャトロファ事業のCDM/JI事業調査報告書
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org