特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

スタディーツアー2010のご報告(フローレス編)

事務局の三木です。

10月22日に行われたスタディーツアー報告と前後しますが、ツアーについてご報告いたします。

APEXのツアーは、APEXのプロジェクトの現場をご覧いただき、住民や地方政府などとの意見交換や苗木作り・植林などプロジェクトの一部体験を通して、アジアの環境や望ましいエネルギー供給について考えていただくものです。

今年は、新たに実施されたものとして、小学校訪問と地域エコ活動を行う地区にホームスティしながら活動に参加するプログラムを加えました。

8月28日の午前に成田空港を出発し、夕方にバリ到着。初日はバリのレストランでインドネシア料理を満喫しました。
翌29日にフローレスに出発。
機内では、インドネシア語の勉強をしている方も。事前にインドネシア語研修も行いましたので、ぜひインドネシア語でコミュニケーションしていただきたいと思います。

機内でも勉強中
(機内でも勉強中)

フローレス島に到着し、マウメレの事務所でジャトロファ事業の説明を受けました。
ジャトロファ事業の説明
(マウメレ事務所)

次の日は、ジャトロファ事業を行っているレロロジャ村へ向かいました。この日は、村長さんや住民との意見交換会、ジャトロファ植栽地の見学、小学校訪問が予定されています。
朝一番に村長さんにお会いしました。まだ村に不足しているものは多数あること、プロジェクトに期待していることなどをお聞きしました。
村役場で村長さんにお話を聞く
(村役場で)

小学校を訪ねると、日本からのお客さんに子供たちは興味津々でした。
小学校訪問
(カメラを向けるとみんな笑顔)

住民の方との意見交換では、プロジェクトに対する不満や不安、期待の声を聞くことができました。
住民の方との意見交換
(自己紹介はインドネシア語で)

ジャトロファの植栽地も見に行きました。昨年よりもずいぶん大きくなり、また数を増やした印象がありました。
ジャトロファを見に行きました
(乾燥した土地に葉を広げるジャトロファ)

8月30日は、ジャトロファセンター訪問、苗木作り体験、村長との意見交換、植林体験を行いました。
ジャトロファセンターは、種子からジャトロファ油を搾油、精製、貯蔵する場所で、研究所や試験農園もあります。
ジャトロファセンターで
(ジャトロファセンターで)

植林は、桑で一つ一つ穴を掘るのが相当な重労働でした。腰が入ってないと注意されたり笑われたり・・。
植林体験
(植林を体験)

フローレスでの最終日は、観光地であるニロの丘を訪ねました。高台の見晴らしの良い場所で、フローレスの町が一望できました。
ニロの丘からの眺め
(ニロの丘からの眺め)

ジョグジャ編につづく

(APEX三木)






関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/326-09f24908

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年10月 27日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ 東京事務所から
  └ スタディーツアー2010のご報告(フローレス編)
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org