特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

スタディーツアーのご報告(ジョグジャ編)

スタディーツアーのご報告後半です。

ジョクジャカルタへ出発
国内線を乗り継ぎ、フローレスから一路ジャワ島のジョクジャカルタへ向かいました。

ディアンデサを訪ねる
翌日は、APEXと協力関係にある現地のNGO、ディアンデサ財団を訪ねました。ディアンデサ財団も適正技術開発を行っているNGOで、水供給や農村開発、マイクロクレジット分野などで事業を行っています。この日は、APEXのバイオマス事業、排水処理事業の説明を聞いてから、事業を行っている地域を訪れました。

バイオマスガス化炉の見学
APEXが開発を進めているバイオマスのガス化施設を見学しました。

排水処理実施地区を訪ねる
次に排水処理事業の実施地区(クリチャック地区)を訪ねました。事業終了後も住民達による管理運営がなされているようです。

人なつこい子供たち
子供たちはここでも人なつっこい笑顔で近寄ってきてくれました。早くきれいな川で遊べるといいですね。

スクナン地区の排水処理設備
もう一方の排水事業対象地区(スクナン)です。クリチャック地区とは印象が異なり、周りには落ち着いた田園風景が広がっています。違いがある2地区それぞれに合った排水処理設備が設置されています。

スクナンの活動体験
スクナン地区は環境に対する意識が高い地区で、ゴミの分別が徹底し、廃棄物を販売・加工し現金収入を得る道も模索しています。排水処理後の水も利用しているとのことです。
ここで一晩ホームステイしながら、プラスチックのパッケージからバックを作る活動も体験しました。

ジョグジャ市街観光
自由行動の時間には、ジョグジャの市街地で買い物をしたり、伝統舞踊を見に行ったり、エステに行ったりと思い思いの時間を過ごしました。

世界遺産ボロブドゥール見学
最終日は、世界遺産ボロブドゥール遺跡を訪ねました。日差しが強く、勾配もきつかったですが、頂上は爽快でした。
ここに写ってる大学生のみなさんは、全員ジョグジャの街中で購入したポロのTシャツを着ているんですが、それくらい仲がよく、また一晩中ディスカッションなどもしていて、お互いに刺激し合い、よい関係ができたようです。

全員集合

スタッフとしてもとても楽しく、新たな発見の多い旅でした。どうもありがとうございます。
今回ご参加下さった皆様の今後ますますのご活躍をお祈りしています。

(APEX 三木)





関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/329-725f8b90

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年11月 11日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ 東京事務所から
  └ スタディーツアーのご報告(ジョグジャ編)
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org