特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【お知らせ】第174回APEXセミナー「東インドネシア・フローレス島におけるジャトロファ事業の進捗と展望(続報)」

みなさん、こんにちは。
まだまだマフラーや手袋が手放せませんが、ようやく寒さも峠を越えたのではないでしょうか。

早速ですが、東京事務所から3月の国内イベントのお知らせです。
来る3月3日、第174回APEXセミナーを開催いたします。
今回は、APEX代表の田中が、ジャトロファ事業についてお話いたします。

2008年より外務省の助成事業として開始したジャトロファ事業は、昨年の10月に終了しましたが、
現地も自立的に運営が継続されています。

フローレス島 苗木
              (焼畑が広がるフローレス島)        (ジャトロファ苗木)  
 

買い取り 種子 搾油
   (住民が育てた種子の買い取り)         (種子の剥皮)          (種子油の搾油・精製)


このセミナーでは、ジャトロファ事業のこれまでの歩みを振り返りながら、今後の展望についてお話しいたします。お誘いあわせのうえ、ふるってご参加下さい。
(APEX 北田)






第174回 APEXセミナー 2012年3月3日(土)
--------------------------------------------------------------------
「東インドネシア・フローレス島におけるジャトロファ事業の進捗と展望(続報)」
 講師 田中 直(APEX代表理事)
 関連URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
--------------------------------------------------------------------


           再生可能エネルギー開発の必要性は益々高まっていますが、ジャトロファ
          は、強靭で乾燥にも強く、その種子から軽油代替燃料を採取できることで注
          目されています。APEXでは、2008年秋から、インドネシア東部のフローレス
          島でジャトロファ事業に取り組み始めました。それ以来、農地を犠牲にせず
          荒れ地のみを用いる、搾油・精製を地元で行う、精製油を極力地域住民の生
          活向上に役立てる、住民の主体的参加を重視する、廃棄物・廃熱を有効利用
          する、などのコンセプトにもとづいて、ひとつひとつ活動を積み上げてきま  
          した。苗木づくりから精製油の利用までの流れをひととおりはつくりあげた
          一昨年の10月に、この事業の進捗についてご報告しました。その後、植栽の
          拡大、全国的セミナーの開催、収集量増大のための対策の実施、精製油の販
          路多様化へ向けての検討などを行ってきました。
          今回のセミナーでは、それらを含めた事業の最新の状況をご報告し、課題
          を整理しながら、これからのジャトロファ事業の可能性を展望したいと思い
          ます。


          (講師プロフィール)
          田中 直
           特定非営利活動法人APEX代表理事。1951年東京に生まれる。東京大学
          工学部卒業後、石油会社で石油精製プロセス管理、廃プラスチック再生、バ
          イオテクノロジー、排水処理などの業務に従事する一方、1987年の設立当初
          からAPEX代表を務め、1999年より専従(代表)となる。理学博士。論文
          に「適正技術の創出に向けて」(西川潤編『アジアの内発的発展』所収、藤
          原書店、2001年)、「適正技術・代替社会」(岩波講座現代社会学第25巻所
          収、1996年)、編著書に「転換期の技術者たち」(剄草書房、1989年)、
          「エネルギー問題-工業化社会の自然と労働」(社会評論社、1984年)など。

          【日 時】 2012年3月3日(土)14:30-16:50(14:15受付開始)
          【場 所】 地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)
               東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
               http://www.geoc.jp/access
               (東京メトロ銀座線、千代田線、半蔵門線 表参道駅下車
                B2出口より徒歩5分)
          【参加費】 800円(APEX会員300円)(定員40名)
          【主 催】 特定非営利活動法人APEX
          【お申し込み】ウェブサイトから参加登録されるか、メール、電話または
                 FAXで、第174回セミナー参加希望と明記の上、お名前とご
                 連絡先(メールアドレスまたは電話)をお知らせ下さい。
   
          【お申し込み/お問い合せ先】
                 ウェブサイト http://www.apex-ngo.org/kokunai/semitokyo.html
                 特定非営利活動法人APEX (担当:三木)
                 TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
                 〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
                 E-mail:tokyo-office[@]apex-ngo.org[@]を半角@に変えて下さい。
                 URL:http://www.apex-ngo.org/
                 以上


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/415-431526cf

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2012年02月 15日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ 【お知らせ】第174回APEXセミナー「東インドネシア・フローレス島におけるジャトロファ事業の進捗と展望(続報)」
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org