特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

2014年度第2回「開発とNGO」研究会『世界共和国への展望』を開催しました

<成長に依存しない社会をめぐって>というテーマで行っている2014年度の「開発とNGO」研究会ですが、第2回は柄谷行人著『世界共和国へー資本=ネーション=国家を超えて』(岩波新書、2006年)をテキストに、25名の参加者を迎え開催いたしました。
20140706研究会_会場のようす

20140706レジュメ発表本研究会は、内容の要約をするレジュメ担当者、問題提起を行うコメント担当による発表、そしてディスカッションという流れで毎回進めていますが、今回はレジュメとコメントを中央大学の学部生の方にご担当いただきました。いずれも素晴らしい出来と評判で、その後のディスカッションも多くの発言もあり、有意義な研究会となりました。


20140706コメント発表研究会では、現在の資本主義社会の様相を的確に捉える柄谷氏の分析を評価しつつ、その先にある未来をどのように構想するのか、という点に対する発言が多くされたように思います。現在の社会状況の抱える矛盾と向き合い、これからの代替社会を構想していこうと活動するAPEXや、他のNGO、NPOなどのアソシエーションが、どのような世界共和国を望み、形作っていくべきなのかという点において、非常に多くのことを考えさせられるテキストでありました。

世界共和国へ―資本=ネーション=国家を超えて (岩波新書)
運営上の話になってはしまいますが、前回の反省を踏まえ、今回はディスカッションをマイクなしで行ったことが大正解で、結果として非常に活発な議論が交わされました。前回に引き続きご参加いただいたみなさまも、回を重ねるごとに、それぞれの参加者の方の視点や考え方などが少しずつわかってきたのではないでしょうか。

さて次回(8月3日)は、<内発的発展論に学ぶ>をテーマに、鶴見和子著『内発的発展論の展開』(筑摩書房、1996年)をテキストに取り上げます。個人的に非常に関心の高い著書でしたので、司会ながらレジュメ担当に立候補させていただきました。

なお、「開発とNGO」研究会は、外部に開いたイベントとなっております。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。  「開発とNGO研究会」詳細は こちら

(APEX塩原)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/552-8c5903b8

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年07月 07日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ 2014年度第2回「開発とNGO」研究会『世界共和国への展望』を開催しました
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org