特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

いよいよ形になってきました!

さて、初年度のSATREPS事業。今まで仕込んできたものがいよいよ少しずつ見える形になってきました。

じゃーん!!!!!
アブソーバー
装置の製作を頼んだSINAR REJEKIに進捗を確認しに行きました。
SINAR REJEKI
SINAR REJEKI 確認

装置に使う部品も入念にチェックします。
もうちょっと細くとか、薄くとかいろいろな注文が出ましたが、やはり、実際に目で見ながら確認することが重要です。

BPPTの実験室もだんだん整ってきました。
実験室

机以外に何もなかった部屋に、換気扇、水道と最低限必要な設備を急ピッチで揃えていただきました。
まだだだっ広いですが、ここにさっきの装置が設置されます。

初年度には粘土の触媒活性効果も調べることになっています。
必要な粘土の粒子は100~150μm。
商品化され出回っているものは大抵もっと小さな粒子です。
使用できるサイズの粘土を数種類、どこから手に入れるか。。。
BPPTの他の部門の専門家に相談することにしました。
粘土情報

皆さんとても協力的で、いい雰囲気です。
粘土が採取できる場所を沢山教えてもらい、さらにこの部門が持っているクラッシャーを使っていいことになりました。

早速1種類とどきました~
粘土バンテン

貰うだけではなく、自分たちでも粘土探しの旅へ~
ボゴール会社
ボゴールにある会社です。
APEXの活動やSATREPS事業で行うガス化に重要な粘土触媒の役割などを説明し、興味を持ってもらいました。
こちらでも粘土を販売していますが、やはり粒子サイズは30μm程度とかなり小さめ。
粒子サイズを変えるにはクラッシャーのサイズを変更する必要があるため、上司に相談してみるとのことでした。
BPPTと協力することで、塊の状態から自分たちでサイズを調節できるので、そのことも伝えました。
ボゴール


情報の整備が整っていないインドネシアでは、日本以上に動いたもん勝ち、聞いたもん勝ち、助けてもらったもん勝ちという感覚があります。
おしゃべり好きなインドネシア人と適度に話し、情報収集しながらこれから始まる実験に向けて、気合を入れなおします!

(APEX・河合)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/578-abb133ac

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2014年11月 19日 (水)
  ├ カテゴリー
  |  └ SATREPS事業
  └ いよいよ形になってきました!
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org