特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

種子の予熱とスラッジの使い道

フローレス島はただいま乾季のまっただ中で、種子の収集はもう一段落しました。その代わりにジャトロファ・センターでは集めたジャトロファの種子からの搾油・精製を行っています。

搾油
搾油の様子

種子の予熱器のバーナーがまた不調で、マニュアルでの種子の加熱も行っています。ドラム缶を切ったものに種子を入れ、下から火であぶって加熱。均一に加熱されるようにシャベルでかき混ぜます。

種子の予熱の様子ドラム缶で種子の予熱を行う

「これぞ適正技術だ」とインドネシア人スタッフが言っていました。

搾油で得られた油はろ過した後、精製を行います。下の写真はフィルタープレスによるろ過の様子です。

フィルタープレスを用いたろ過

搾油後に得られる油は、非常に細かい粒からなる泥(スラッジ)を含んでいます。スラッジの量は油の量の10分の1前後なので、あまり多くないのですが、搾油を進めていくと結構な量になります。

スラッジ
スラッジ

このまま、コンポストにしようかと試したこともあったのですが、油がまだ残っているからか固まってしまい、上手く行きませんでした。今では焼却して、灰をコンポストに混ぜています。通常、植物の灰にはカリウムが含まれるので、農産物の栄養分になります。

スラッジを燃やして灰をコンポストに混ぜる
スラッジの焼却の様子

最近はコンポストの売れ行きも伸びてきており、張り切って生産を行いたいと思います。

(APEX彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/621-ae787eb8

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2015年08月 20日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ ジャトロファ事業
  └ 種子の予熱とスラッジの使い道
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org