特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

ココナッツ・オイル生産エリアの改造

現在、ジャトロファ/センターではココナッツ・オイル生産時の衛生管理を徹底するため、ココナッツ・オイルの搾油・ろ過を行う生産エリアを改造しています。搾油機やフィルタープレスのある区画を壁で囲い、天井を作るという作業です。

生産エリア改造生産エリア天井

床はまだむき出しのコンクリートですが、今後、セラミック製のタイルを敷く予定です。

PUSPHAで生産したココナッツ・オイルはまだ少しずつですが、販売数を伸ばしています。用途は当初、調理油を想定していましたが、様々な用途に使われているようです。

インドネシアではよくオイルを利用してマッサージを行う文化が根づいており、このココナッツ・オイルも薬効のある植物と一緒に煮込んで、伝統的な薬(マッサージオイル)を作るのに利用されています。また、天然のコンディショナーとして髪の毛に利用している人もいます。自分も時々使うのですが、意外と虫に刺された際のかゆみ止めにもなります。

インドネシアで販売されている調理用ココナッツ・オイルは、大体の場合、コプラの生産地とココナッツ・オイルの生産工場が離れているので、運搬中、コプラにカビが生えやすく、搾油後に精製(脱酸・脱色・脱臭)工程が必要となります。その精製過程では、通常、化学薬品が使用されます。

一方、PUSPHAではコプラを生産してその場で搾油を行うので、カビの発生が少なく、精製過程が必要ありません。少し加熱して水分を飛ばしている程度で、化学薬品などの添加物が一切なく、コプラのみで生産しているというのがPUSPHAのココナッツ・オイルの特徴でもあるのです。

ココナッツ・オイル3種類ココナッツ・オイル5リットル入り

(APEX彦坂)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/683-296cf39a

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2016年12月 20日 (火)
  ├ カテゴリー
  |  └ ココナッツ・オイル生産
  └ ココナッツ・オイル生産エリアの改造
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org