特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

流動層コールドモデル運転

 SATREPS事業のパイロットスケールの実験として流動層コールドモデルの運転を行っています。目的は主にガス化炉内に残留するチャーの抜出しを実験的に検討するとこ、ガス化炉と再生塔を循環する粘土粒子を解析することです。

 2016年4月にジョクジャカルタのディアン・デサに設置された流動層コールドモデルですが、空気を供給するブロワー能力が低いこと、空気を噴出するノズルの圧力損失が高いこと、実験に用いる適切な粒子の調整、装置からの漏洩などさまざまな問題がありましたが、すべてを解決し、10月頃から実験を開始しました。

Cold model4   CIMG3336_201702201427266d4.jpg
      (設置直後の流動層コールドモデル)                 (ブロワー追加改良の様子)
  
 その後もアクリル板の補強やバイオマス供給器からの漏洩、サイクロンの改良などを改良し、本格的な実験にうつっています。

 予想通り上手くいったところ、実験をしてみて初めて分かったことなどを検証、検討、改良をしていきます。

 実験はジョクジャカルタのディアン・デサで行っていますが、3月上旬にはBPPT研究員がジョクジャカルタを訪問し、流動層コールドモデルに関する合同ワークショップを行う予定です。

 (須藤)
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/688-d716f781

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-05 | »
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年02月 20日 (月)
  ├ カテゴリー
  |  └ SATREPS事業
  └ 流動層コールドモデル運転
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org