特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

「人間的欲求の理論から―2017「開発とNGO」研究会第1回

20170528テキストカバーAPEXでは、NGO活動の基礎となるような世界観を形成していこうと、「開発とNGO」と題する研究会を行っています。2017年度は、シリーズ≪見田宗介/真木悠介の世界≫と題して、日本における社会学者であり思想家でもある同氏の思索の全貌にせまっていきます。

2017年度の第1回は、真木悠介著『人間解放の理論のために』(筑摩書房、1971年)をテキストに取り上げ、その第二部「人間的欲求の理論」を中心に、参加者による内容の共有と議論を行いました。



20170528ようす「開発とNGO研究会は、参加者の有志の方より、内容を要約したレジュメやコメントを発表いただき、参加者間で理解の共有や議論を進めていきます。今回の第1回では、初参加の方へのオリエンテーションの意味も含め、冒頭で研究会の趣旨や今回のシリーズの説明と補足、参加者の自己紹介なども行いました。

『人間解放の理論のために』は、1969~1971年にかけて雑誌『展望』(筑摩書房)に投稿された論文が核となっているものですが、その内容の深い理解には、マルクスやヘーゲルなどの予備知識や、「未来学」への不信などの当時の時代的背景についても知っていることが望まれます。レジュメに関する質疑では、参加者同士でそれぞれの知識や経験を持ち寄って、それらの予備的な情報を共有しました。


20170528レジュメ発表

ディスカッションでは、テキスト全体の中での欲求の理論の位置づけや、その理論のキーワードである「解放」「即時・対自」「相剋性・相乗性」「コミューン」などについて議論が交わされました。また、見田さんの論の全体像の中でのこの著作の位置づけ(見田さん自身の考えも含む)や、その射程などについても意見がありました。

第1回としては、記述が硬めであったり、テキストがやや手に入れにくかったことなどからか、欠席者が多めとなってしまった企画側での反省点もありましたが、次回「気流の鳴る音」は、また違ったテイストのテキストとなりますので、またみなさんの活発な議論を期待したいと思います。


最後に、今回の研究会のシリーズについて、少し企画の背景を補足したいと思います。

APEXは、1980年代初頭に開催された近代化や第三世界の問題を考えるゼミナールが源流となってその活動を展開し、団体として設立に至ったという歴史がありますが、見田宗介さんは、そのゼミナールの時代から講師として参加いただいていて(記録によれば、ゼミナール講師としては真木悠介名義)、以降も団体の活動を支えてくれている、APEXにとってはとても縁の深い方の一人です。

また、田中代表理事のともゼミや講座などで長いお付き合いがあり、APEXの活動の根幹にある理念的な部分においても、おそらく最も大きな影響を受けている方の一人だと思います。

これまでの研究会でも単発では何度かテキストを取り上げてきていますが、APEX創立30周年を迎える2017年に、満を持して、見田先生をシリーズとして取り上げることとなったのは、個人的には、重要なことなのではないかと思っています。残る4回でも、深い議論が交わされることを楽しみにしたいと思います。

なお、今年2017年度の研究会はまだ参加のお申込を受け付けていますので、よろしければ今からでもご参加ください。(APEX塩原)

2017年度「開発とNGO研究会へのお申込・詳細はこちら


関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/698-2f304a8d

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2017-07 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2017年06月 02日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ 「人間的欲求の理論から―2017「開発とNGO」研究会第1回
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org