FC2ブログ
特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

ベトナム調査(適正技術情報収集活動)

7月29日から8月3日にかけて、適正技術情報収集活動の一環で、ベトナムでの現地調査を行いました。
スタッフ2名+ボランティア4名での来訪となりました。

1日目は、再生エネルギーの普及や資源問題に携わっている、GreenIDのオフィスに伺いました。
主な活動分野として、1.環境調和型の開発(Green Development)、2.持続可能なエネルギー供給 (Sustainable Energy)、3.水と大気の管理 (Water and Air Governance)があり、どの分野でも住民参加型のアプローチに重きを置いています。再生エネルギー技術の導入数はそこまで多くなかったですが、アドボカシー活動などを通して、ベトナムのエネルギー供給のあり方によい影響を与えていくのではと思いました。
image3_201908231031212f5.jpegimage2.jpeg


2日目は農村の産業支援をしているVIRI(Vietnam Rural Industries Research and Development Institute)を訪れました。各地域の伝統工芸や資源を生かしながら、住民の人が使いやすい「シンプルで役に立つ技術」や知識を共有することで、地域産業の発展に取り組んでいる団体です。例えば、形が悪いなどの理由で捨てられていたオレンジを使って、エッセンシャルオイルをつくるなど。地元にある資源を生かすことで環境にも負担をかけず、また、住民と一緒に商品を作り上げていく中で、住民の能力開発にもつながっているのではと感じました。
image1_201908231031271b1.jpegimage4_20190823103122aae.jpeg


3日目は、ローコスト住宅の設計なども行っているH&P Architectsという企業で情報交換を行いました。
この企業ではマズローの欲求5段階説(図1)に沿って建設を行っており、特に貧困層のニーズとして、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲのニーズに対応する建設物の建築に力を入れているそうです。洪水の際に水に浮く竹の家や、トイレと植物栽培を組み合わせた建物など、斬新なアイデアとデザインが印象的でした。
キャプチャimage5_20190823103124bba.jpeg


そして、現地滞在最終日には、参加者全員でこの海外調査での学びをシェアしあいました。それぞれの視点からの学びがあり、とても勉強になりました。ありがとうございました。(ジェンキンソン 陽(みなみ))
関連記事

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2019-11 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2019年08月 23日 (金)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ ベトナム調査(適正技術情報収集活動)
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix




携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org