fc2ブログ
特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

 | ブログトップへ戻る | 

【報告】第11回適正技術フォーラム「脱炭素社会構築と原発 – 技術選択の適正さを問う-」

2021年9月11日(土)に、第11回適正技術フォーラム「脱炭素社会構築と原発 - 技術選択の適正さを問う - 」がオンライン(Zoom)で開催されました。今回のフォーラムでは、第9回、第10回でも取り上げました、脱炭素社会構築の議論を深めるべく、「脱炭素社会構築のための原発」という技術選択の適正さを、経済面ならびに安全面から科学的に検証し、議論しました。当日は、27名(講師・モデレーター・事務局含む)の方々にご参加いただきました。ご参加いただいた皆さま、誠にありがとうございました。


直さん
講演の前に、まず、ATFJ/APEX代表理事の田中直より、〈脱炭素社会構築のための適正な技術選択に関する提言〉の紹介がありました。この提言の中で取り上げられている、これまでの脱炭素化検討の問題点の一つとして、「原発や、CCS、CCUS(二酸化炭素回収・有効利用・貯留)は、はたして適正で合理的な技術選択といえるか? 」というものがありますが、特にその点を今回のフォーラムで議論できれば、としました。


大島先生
最初の講演としては、龍谷大学政策学部教授 大島堅一氏より、「原発の真のコストを考える」という演題でお話をいただきました。原子力発電は、「安い」と言われてきましたが、試算に含まれていない費用があることなどから、それは誤りであること、また、開発費用は国が、廃炉費用や損害賠償費用は電力消費者が負担する仕組みになっていることなど、原子力発電の主にコスト面に関する問題点について、データに基づきわかりやすくご説明いただきました。


後藤さま
次の講演として、元東芝原発設計技術者であり、原子力市民委員会委員の後藤政志氏より、「原発の『安全性追求』の技術的帰結」というテーマで、講演がありました。まず、日本での「安全性」の考え方の問題点についてご指摘があり、いかに日本の原発では安全性が成立していないかを、原発の構造に基づきご説明いただきました。また、福島原発事故から10年が経っても、解明されていない問題がまだ半分ほどあるそうで、そのような中再稼働をするのは、 "『次の令和の大規模事故を準備している』に等しい"と警報を鳴らされました。


パネルディスカッション
続くパネルディスカッションでは、國學院大學研究開発推進機構客員教授古沢広祐氏にモデレーターをお願いし、2名のパネリスト(講師)とともに、議論を深めました。原発に関する議論をオープンにする必要性や、原発はなぜフェイルセーフをつくることが難しいかなど、一旦閉会後も、たくさんの質疑や意見が交わされました。

今後も、オンライン上でのイベント開催が多くなるかと存じますが、ぜひ積極的にご参加いただけますとさいわいです。




関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://apex.blog22.fc2.com/tb.php/780-90aeb081

 | ブログトップへ戻る | 

カレンダー

« | 2022-07 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2021年09月 16日 (木)
  ├ カテゴリー
  |  └ セミナー・研究会・研修
  └ 【報告】第11回適正技術フォーラム「脱炭素社会構築と原発 – 技術選択の適正さを問う-」
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix




携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org