特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

スマトラ沖地震状況と活動状況(10/23)

10月19日付けのKompasによれば、今回の地震で西スマトラの85%のインフラが破壊されたそうです。(85 Persen Infrastruktur Sumbar Hancur - KOMPAS.com)

西スマトラ災害対策チームのデータによると、178箇所の道路が重度の損害、63箇所の道路が中度の損害、51箇所の道路が軽度の損害を受けているそうです。また、21箇所の橋が重度の損害、30箇所の橋が中度の損害、17箇所の橋が軽度の損害を受けているとのこと。

また、OCHA(国連人道問題調整事務所)のレポートによれば、水道公社は主要な水処理場の修復は10月31日に完了する一方、パダンの水供給ネットワークの完全な復興には最大で6ヶ月かかるだろうと予想しているとのことです。現在、パダン市の住民のうちの20%(778,000人)しか水供給ネットワークにアクセスできない状況です。水供給ネットワークの中の900ヶ所以上で修復が必要とのことです。

そのパダン市で浄水の供給活動を続けているディアン・デサ財団スタッフから活動報告が入ったので、お伝えします。

10月23日付けのレポートによると、ディアン・デサ財団の被災者支援チームは10月10日から毎日、パダン市の中心部に当たるパダン・バラット地区、その北隣のパダン・ウターラ地区などに設置された10ヶ所ほどの配給ポイントで浄水の供給活動を続けているそうです。10月22日までに合計81ロット、累計約400kLの浄水が配給されています。
パウ地区での浄水の供給

23日までの募金総額は62万円となり、既に第1回送金分として58万9千円をディアン・デサ財団に送金しています。募金してくださった皆様、ご協力ありがとうございました。

引き続き、皆様からのご協力をお待ちしております。
スマトラ沖地震被災者支援募金のお願い

(APEX彦坂)

スマトラ沖地震被災者支援活動の状況(10/16)

APEXの協力先団体であるディアン・デサ財団から、スマトラ沖地震被災者支援活動の状況報告が入ったので、お伝えします。

ディアン・デサ財団では、10月9日から、ポータブルな浄水器2台を用いた、浄水の供給活動を始めています。パダン市近郊の河川水を水源として、その水を浄化し、パダン市内の二ヶ所で配給しているとのことです。
被災地に設置された浄水のプラスチックバック
(被災地に設置された浄水のプラスチックバック)
(場所:パダン市北部のガンティング地区)

処理水量は、一台1時間当たり3,000リットルですが、浄水器の膜が閉塞してくると毎時1,000リットル程度に低下します。平均2,000リットルとしますと、一日12時間運転ですから、一日50,000リットルほどの配給量ということになります。(一人1日2リットルの水を飲むと仮定すると、25,000人分の水の量になります。)

配給された水を利用する住民
(配給された水を利用する住民)
(場所:同上)

ジョクジャカルタから、2006年のジャワ地震の際も同じ給水活動を行ない、その後排水処理適正技術センターのスタッフになったバキさんなど5名、地元パダン市から大学生のボランティアなど10名、計15名がこの活動に従事しています。

もし出来ましたら、ご一緒にディアン・デサ財団の活動をご支援していただければと思います。
スマトラ沖地震被災者支援募金のお願い

(APEX彦坂)

スマトラ沖地震情報続報(10/15)

昨日、岡田外相がスマトラ沖地震の被災地を訪問した様子を新聞などでご覧になった方も多いと思います。インドネシアでも訪問の様子がテレビで報道されていました。

Korban Gempa Sudah 1.115 Orang - KOMPAS.comによれば、今回の地震で亡くなった人の数は13日20時の時点で1,115人と発表されたようです。その他の被害は以下の通りです。
重傷者 : 1,214人
軽傷者   : 1,688人
行方不明 :    1人
重度の損害を受けた家屋 : 135,299軒
中度の損害を受けた家屋 : 65,306軒
軽度の損害を受けた家屋 : 78,591軒

地域別の犠牲者の数は以下の通りです。
パダン市 : 313 人
パダンパリアマン県 : 675 人
パリアマン市 : 37 人
南プシシル県  : 11 人
ソロック市 : 3 人
アガム県 : 80 人
西パサマン県t : 3 人

一方、新華社通信(Death toll from Indonesia quake officially put at 1,117_English_Xinhua)によれば、14日16時の時点で犠牲者の数は1,117人と発表されています。行方不明者の捜索が打ち切られ、パダンパリアマン地域の行方不明者210名が死亡と宣告されましたが、まだ家族が死亡宣告を了承せず行方不明とされている人が2名いるとのことです。その他の被害として、2,163の教室、51ヶ所の医療施設、1,001ヶ所の礼拝所、21ヶ所の橋、130ヶ所の灌漑施設が損害を受けています。近いうちに緊急支援期間を終えて、瓦礫の除去などの復興支援に注力するようです。

パダン市では673ヶ所または75%の学校が損害を受け、重度の損害を受けた教室の復興には1教室あたり最高で1億ルピア(約105億円)かかる可能性があるそうです。(75 percent of school buildings in Padang damaged: Mayor | The Jakarta Post)

12日(火曜日)には学校を再開していますが、マスクをかけながら授業を受けなければならなかったり、木の下で授業を受けたりしているとのことです。(FOTO: Hari Pertama Sekolah Korban Gempa - KOMPAS.com)

まだ緊急テントの数が足らず、パダン市では662の教室用テントが不足しているという10日付けの報道もあります。(Padang Butuh 662 Tenda Belajar - KOMPAS.com)

住民の中には地震がトラウマとなり、精神的支援が必要な方も多くいるとのことです。また、地震で被害にあった地域では衛生状態が悪く、まだ感染症の急激な拡大は見られませんが、下痢やデング熱の患者数は増加しているようです。(Disease outbreak concerns after Indonesian quake | Reuters

一刻も早く、被災者の方が元の生活に戻れるよう祈るばかりです。

(APEX彦坂)

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-03 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ スマトラ沖地震
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org