特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

トゥルン地区での竣工式とJICAの視察

本日(1月18日)の午前中、スレマン県カラサン群タマンマルタニ村トゥルン地区の排水処理設備の竣工式が行われました。先日、このブログの記事にした10基目の生活排水処理プラントです。

今回の竣工式には、日本から事業終了時の最終視察にいらっしゃったJICA東京事務所の佐々木所長と本事業の担当者である高橋氏も出席されました。

排水処理設備と竣工式会場竣工式会場
(左:排水処理設備と竣工式会場、右:竣工式の様子)

その他、スレマン県の環境局の衛生担当部長やトゥルン地区のあるタマンマルタニ村の村長代理の方をはじめ、周辺住民の方など、合計で約30名前後の参加がありました。皆さん、日差しのあたる前列を避けて、座っていらっしゃいます。

竣工式の会場の様子

地区の住民グループ代表や招待客の挨拶が終わり、JICAの佐々木所長に竣工のドラを鳴らしてもらいました。

竣工のドラを鳴らすJICA東京国際センターの佐々木所長

本事業で建設された排水処理設備はすべて、現地の住民に譲渡されますが、その際にはMOU(覚書)を取り交わします。下の写真は、そのMOUを手渡しているところです。

設備の譲渡

最終視察に訪れたJICAの高橋氏にとってはちょうど良い機会なので、スレマン県環境局の衛生担当部長の方に同県の衛生設備の普及状況や今後の予定などをヒアリングされていました。

スレマン県環境局へのヒアリング調査
(左から、スレマン県環境局衛生担当部長のインドラ氏、JICAの高橋氏、APEXの田中)

元々それほど手間はかからないのですが、住民が排水処理設備のメンテナンスを怠っていたために閉塞などのトラブルが起きた経験から、排水処理設備の回転円板装置の上に、メンテナンス方法を示した横断幕も備えました。

メンテナンス方法を示した横断幕

この地区の排水処理設備設置は、住民側からPUSTEKLIMに働きかけて実現した珍しいケースでした。資金配分など複雑なこともありましたが、運転管理が容易で排水の水質も良い処理設備を得ることが出来て、住民の方は喜んでいました。今後もしっかり住民グループで管理して、長く使っていってもらいたいものです。

最後はお約束の記念写真を。
記念写真

(APEX彦坂)

10基目のコミュニティ排水処理 モデルプラントを建設しています

2011年10月から始まったコミュニテイ排水処理事業も、いよいよ大詰め。本事業10基目、最後のモデルプラント建設が始まっています。

(当初、事業期間は2015年9月までの予定でしたが、2016年1月までに変更になりました。)

最後のモデルプラントが建設されているのは、ジョクジャカルタ市の隣にあるスレマン県のトゥルン地区というコミュニティです。既に嫌気性処理部分の工事は完了しており、現在、好気性処理部分(回転円板を使用)と管渠の建設工事を行っているところです。

好気性処理槽の建設工事 好気性処理槽
(左:好気性処理槽の底にコンクリートを詰める、右:好気性処理部分、右奥にあるのが嫌気性処理部分)

管渠用パイプ 配管を埋める穴
(左:各戸と排水処理設備の間をつなぐパイプ、右:パイプを埋める溝)

このトゥルン地区を含めると、本事業(JICA草の根事業草の根パートナー型)で設置された、または設置予定のコミュニテイ排水処理設備の設置地区、接続世帯数、運転開始時期は以下の表のとおりとなります。

設置都市 地区 接続世帯数 運転開始時期
ジョクジャカルタ市 カラングワル地区 81 2013年2月
クリチャック・ロール地区 70 2013年2月
スレマン県トゥルン地区 65 2016年1月(予定)
プカロンガン市 ランドゥングサリ地区 36 2012年12月
サプロ地区 38 2014年12月
テガール市 スレロック地区(第2町内会第12隣組) 40 2013年9月
スレロック地区(第4町内会第2,3隣組) 43 2015年11月
タバナン県 パスカン・ベロダン地区 45 2013年2月

この中でも最もトラブルの多かった排水処理設備は、テガール市スレロック地区(第4町内会第2,3隣組)のもので、その竣工式が先月やっと開催されました。その様子を、APEX代表の田中がブログで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

コミュニティ排水処理システムの竣工式 - APEX代表理事のブログ

トゥルン地区を含めると、この事業全体では約400世帯(約1600人)が安価で、住民自ら運転管理でき、かつ処理水質も良好な排水処理設備に接続できたことになります。裨益者数としてはまだ少ないですが、これらのコミュニテイ排水処理設備をモデルとして、全国的に普及が進むことを期待しています。

(APEX彦坂)

排水処理適正技術国際セミナーの開催

ご報告が少し遅くなりましたが、8月27日~28日にジョクジャカルタ市内のホテルで、コミュニティ排水処理の適正技術に関する国際セミナーを開催しました。参加申し込みを受け付けてからも、最初はなかなか参加申し込みが集まらず少し焦りましたが、広報先を広げることで最終的には講師を含めて111名の方が集まりました。

セミナー講師として、インドネシア国内からは、公共事業省傘下の研究開発センターやBPPT(技術応用評価庁)などの中央政府機関の他、バンドゥン工科大学、BORDA(嫌気性処理を中心に展開するNGOで、本部はドイツにある)などで排水処理技術の研究開発に携わる方々をお招きし、それぞれの機関で開発されている排水処理技術についてご紹介いただきました。

また、中央・地方政府の衛生関連政策や方針などについてご紹介いただくために、BAPPENAS(国家開発企画庁)居住・住宅局、中部ジャワ州PPLP(居住地域における環境改善機関)からも講師の方をお呼びしました。

そして、セミナーのタイトルにはインドネシア-日本の国際セミナーと名がついている通り、日本からは東北大学大学院の原田先生にお越しいただき、先生が開発されているUASB-DHSという排水処理技術についてお話いただきました。

田中代表による開会の辞
APEXの田中による開会の辞

1日目は田中による開会の辞の後、JICAインドネシアから参加された富原氏、ジョクジャカルタ特別州公共事業局のマンスル氏からご挨拶をいただきました。

富原氏(JICAインドネシア) マンスル氏(ジョクジャカルタ特別州公共事業局住宅建設部)
(左)JICAインドネシアの富原氏、(右)ジョクジャカルタ特別州公共事業局のマンスル氏

セミナー会場の様子
セミナー会場の様子

APEX代表の田中を含めて、講師陣は以下の方々です。

ワハヌディン氏(国家開発企画庁居住・住宅局) スハルソノ氏(中部ジャワ州PPLP(居住地域における環境改善機関))
(左)ワハヌディン氏(国家開発企画庁居住・住宅局)、(右)スハルソノ氏(中部ジャワ州PPLP(居住地域における環境改善機関))

ルディ氏(BPPT(科学技術応用評価庁)環境技術センター) 右:原田氏(東北大学)
(左)ルディ氏(BPPT(科学技術応用評価庁)環境技術センター)、(右)APEXの田中と東北大学の原田秀樹先生

イカ氏(BORDA) プラヤトゥニ氏(バンドゥン工科大学)
(左)イカ氏(BORDA)、(右)プラヤトゥニ氏(バンドゥン工科大学)

エリス氏(公共事業省人間居住研究開発センター)
エリス氏(公共事業省人間居住研究開発センター)

2日目の午前中にはAPEXの実施するJICA草パト事業で建設された、ジョクジャカルタ市クリチャック地区およびカラングワル地区のコミュニティ排水処理設備を視察、また、その日の午後にはパネルディスカッションも実施しました。

排水処理視察(カラングワル地区) パネルディスカッションの様子

インドネシアの生活排水処理は、まだセプティックタンクなどの嫌気性処理が中心となっていますが、嫌気性処理だけでは処理水質がまだ良好ではなく好気性処理の追加が必要だということを、参加者とともに確認することが出来ました。これを機に、適正なコミュニティ排水処理技術が広く普及することを願っております。

(APEX彦坂)

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 排水処理事業
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org