特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

巨大機械―メガマシンを考える 2016「開発とNGO」研究会第2回

APEXでは、NGO活動の基礎となるような世界観を形成していこうと、「開発とNGO」と題する研究会を行っています。2016年度は、これからの技術と社会のあり方について本質的な観点から考えていこうと、全6回からなるシリーズ〈機械と人間〉を開催しています。そしてその第2回が、6月26日(日)行われました。


研究会2016_02_1第2回では、サブタイトルを《古代的メガマシンの成立から近代の幕開けまで》と題しまして、前回に引き続き、メインテキストであるルイス・マンフォードの『機械の神話』を取り上げました。この本のキータームの一つである「巨大機械―メガマシン」は、直接この本の中で定義こそされてはいませんが、おおよそ、強大な権威によって支配される大規模な技術―システムであると思われます。それは、大きな成果をもたらしてきた一方で、さまざまな問題をもはらむ技術―システムのあり方でもあります。それに対してAPEXの掲げている「適正技術」は、このような技術体系の持つ問題を緩和・解決する、あるいは補完する、マンフォードの言葉を借りれば、『「民主的」で分散化された技術』に近いものなのではないかと思われました。

ディスカッションでは、この著書で書かれている内容についてはさまざまな検証や議論が必要であるとしつつ、マンフォードの問題提起やその姿勢、あるいは、1960年代の著作であって、先史時代からの流れをこれほどまでさまざまな側面から俯瞰しているという点においては、優れた著書であるとの意見がありました。この本を足掛かりに、わたしたちが生きている現代、あるいは日本やアジアという文脈の中で「巨大機械―メガマシン」をどう捉え、またそれを乗り越えつつ今後の社会をどのように展望していけるのか、個々で考えていくべき問題だと思います。

本書では、道具と容器、馴致と栽培化など、他にも興味深いキーワードが多く出てきましたが、残念ながら、時間の制約もあり、そのような概念について議論を十分深めることができなかったのは、司会としての反省点でもあります。

ただ、今年度の研究会はまだまだ続きます。今回、2回にわたって取り上げ、読み進めてきた『機械の神話』第一巻ですが、その内容を別の回で持ち出して議論することにはなんの憚りもありませんし、むしろ、回を重ねていくごとに、それまで扱った本の内容をどんどん含めていくことで議論も深まっていくのではないかと思います。

次回、7月31日(日)に開催します第3回は、テーマを「人間と道具の節度ある関係」と題し、イヴァン・イリイチの『コンヴィヴィアリティのための道具』を取り上げます。実はこの本は、これまでの研究会でも何度か取り上げたことのある馴染みの深い本です。ちょうど、2015年に新訳版が出て手に入れやすくなりましたので、まだ読んだことのない方もぜひ一度手に取っていただき、そして「誰かと議論してみたい!」と思ったらAPEX研究会にお気軽にお越しください。いつでもお待ちしています。(塩原)

2016年度「開発とNGO」研究会の詳細・申込みはこちら

研究会2016_02_2
イタリアの博物館に展示されているダビンチの発明品なども紹介されました

人が人になる時-精神と象徴 2016「開発とNGO」研究会第1回

APEXでは、NGO活動の基礎となるような世界観を形成していこうと、「開発とNGO」と題する研究会を行っています。2016年度は、これからの技術と社会のあり方について本質的な観点から考えていこうと、シリーズ〈機械と人間〉題して開催していますが、5月29日(日)にその第1回が行われました。

20160629研究会今年度の研究会は、ルイス・マンフォードの2巻にわたる大著『機械の神話』をメインテキストとしています。これらは1960年代から1970年代にかけて執筆された本ですが、人間と技術の本質的な関係に対する深い洞察は、今となっても読み手にさまざまなインスピレーションを与えてくれる良著です。

さて、第1回は〈人が人になる時―精神と象徴〉としまして、『機械の神話第1巻 技術と人類の発達』の前半部分を扱いました。1章から7章まで進める予定でしたが、初回はオリエンテーション的な位置づけもあり、実際に扱えたのは4章までとなりました。ただ、代表からの冒頭のテキスト紹介や、今回の要約者によるレジュメ、議論を通じまして、参加者間では、マンフォードがこの本で言わんとしていることについてはおおかた共有することができたのではないでしょうか。

「メガマシーン」などのキータームについては次回以降、本格的な議論を進めていくことができるかと思いますので、みなさんの議論を楽しみにしたいと思います。

なお、本研究会は単発でのご参加も歓迎ですので、もしご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、イベント名や題材のイメージよりも実際にはずっと和やかな雰囲気でやっていますので、どうぞお気軽にご参加ください。!

APEX塩原

▼「開発とNGO」研究会イベントページはこちら
http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html

住民が主体的に参加できる技術―第189回セミナーにて


20160423APEXの塩原です。さて、新年度が始まりましたがAPEXでは、毎年この時期に、適正技術APEXの活動内容、さらに最新の動向などを代表の田中からお話させていただくセミナーを開催しています。いつもは5月頃ですが、今年は少し早い4月23日に、第189回APEXセミナー「アジアに適合的なコミュニティ排水処理システムの普及をめざして―適正技術と住民―」として開催いたしました。

タイトルからもわかる通り、今回はコミュニティ排水処理事業にスポットライトを当てた内容でした。というのも、モデルシステムの普及促進として実施してきたJICA草の根パートナー事業(通称草パト)のプロジェクト期間が2016年1月に終了し、今がちょうど、さらなる普及に向けて動き出す節目の時期だからです。

今回は、プロジェクトの内容や経緯、技術の概要などに加え、モデルシステムを設置した地域のそれぞれの状況などにも触れながら、適正技術の文脈に欠かすことのできない、住民と技術の関係性について考えるセミナーとなりました。

質疑応答の場面では、参加者の方からさまざまな質問が投げかけられました。システムのカバレッジやスラッジの抜出しなどの技術的な質問から、住民意識の醸成などの社会的な側面からの質問など、学生から社会人、理系から文系まで幅広い方が参加されているということを象徴するような時間となりました。

中でも、インドネシアのさまざまな排水処理システムを見られてきた方から、政府が推奨する一般的なシステム(Sanimas)との比較を述べていただいたのは私としてもたいへん勉強になりました。特にSanimasが嫌気性処理のみで専門的なオペレーターを必ずつけている一方、APEXでは住民がオペレーションチームを作ってシステムを管理しているという部分が、まさに今回の「技術と住民」というテーマを考えさせる部分でした。

なお、今回のセミナーは、2016年度適正技術人材育成研修初球コースの講義と合同で開催しました。例年は、初回と最終回の講義以外は研修参加者にクローズにしていましたが、今年度の研修の講義はすべて外部に公開にしたいと思います。

詳細については、メールマガジンやホームページ上で随時情報を発信していきますので、ご関心のある方はチェックしてみてください。

▼今年度の研修講義の講師の方々はこちら。
http://www.apex-ngo.org/kensyu.html

技術と国際協力の分野の第一線で活躍する方々で、しかもみなさん遠方から来られますので、たいへん貴重な機会です。ぜひお見逃しなく。

塩原

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-04 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ セミナー・研究会・研修
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org