特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

インドネシアスタディーツアー2016 前編(フローレス島編)

8月10~18日にインドネシアスタディーツアーを実施しました。
このツアーは、2009年より始まり、2012年からは、「適正技術人材育成研修」内のカリキュラムの一部として実施ておりましたが、今年は5年ぶりに一般募集もしました。

今回は、APEXの活動にとどまらず、現地の社会や産業の現状、環境の問題等をご覧いただき、社会貢献活動が行われている現場を訪ねながら、国際協力活動への理解を深めていただきくことを趣旨として実施しました。

そのため、前半のフローレス島では、地方政府を訪ねたり、市場や各種産業(食品加工、農業、漁業)に携わる方にお話を聞き、どのような支援活動が必要かを話し合うところまでを目的にしております。

前半の8/11~14におけるツアー概要について、フローレス島在住の彦坂がレポートします。


8月11日から14日にかけて、スタッフ2名を含むスタディーツアー参加者の方々がマウメレを訪問されました。

11日の昼過ぎに参加者の皆さんがマウメレへ到着してから、ホテルでマウメレのあるシッカ県の現状を説明し、シッカ県でAPEXが取り組んできたことをご紹介しました。
IMG_3421.jpg
マウメレの空港で

2日目の12日には、まず市場へ行き、市場の管理事務所長さんから市場の運営の仕組みや収益、ごみ処理などについてお話を伺いました。
IMG_3464.jpg
市場の管理者の方に話を聞く

その後、シッカ県のBAPPEDA(地域開発計画局)へ。BAPPEDAは県内の経済情勢や農業を初めとする諸産業の状況などの情報を取りまとめて、県の開発をどのように進めていくか決める機関です。また、私達NGOが県内で活動する上での窓口でもあります。
IMG_3505.jpg
BAPPEDA訪問

BAPPEDAの後はウリン村という所にある、魚のアボンを生産している女性グループを訪問しました。ジャワ島などでよく作られるアボンは通常、牛肉を乾燥させたものですが、こちらでは牛肉は高いので魚(マグロ)の肉を使うことを思いついたそうです。2003年から生産を開始して、今ではフローレス島内だけでなく、ティモール島やジャワ島、スラウェシ島などにも販売しているとのことです。

アボン イカンIMG_3551.jpg
左:マグロの肉を使ったアボン。パンと一緒に食べると美味しいそうです。
右:アボンを作っている女性グループの方々と

その後、マウメレに戻って昼食を取り、シッカ県南部のネンブラ村に向かいました。ネンブラ村はジャトロファの種子の収集を行っている地域の一つで、住民の方は農業に従事している方が多いです。住民との会合の際に、農業における収穫物についてや経済状況についてお聞きしました。また、女性の代表的な手仕事でもある織物(イカット)の製作過程も見せてもらいながら、織物製作に関するお話もお聞きできました。この日はそのまま、種子収集人宅でのホームステイも実現しました。
村長さんや付近の住民も集まってみんなで夕食を食べた後は、モケと呼ばれるヤシ酒を飲みながら、親睦を深めました。

ネンブラ村での住民との会合IMG_3572.jpg
ネンブラ村での住民との会合     イカット作りの様子

3日目の13日の朝になると、参加者の皆さんは朝食を作っている女性陣と会話をしたり、調理のための薪割りを手伝ったりして、各自住民との交流を楽しんでいる様子でした。

ホームステイ先の台所にてホームステイ先の台所にて2
ホームステイ先の台所にて。火のそばにやってくる子犬たち。

朝食後、ネンブラ村を出発して、ジャトロファ・センターに向かいました。ジャトロファ・センターでは、センター内の設備を案内した後、ココナッツ・オイルの搾油の様子をご覧いただきました。


ココナツオイル搾油の様子

その後、ココナッツ・オイルを使用してピサン・ゴレン(揚げバナナ)、ウビ・ゴレン(揚げ芋)の試食会を行いました。この試食会には、ココナッツ・オイルの宣伝も兼ねてジャトロファ・センター周辺の住民も招待しています。ココナツ油を料理に使う機会が少ない日本の方は、独特の風味が加わっておいしいとおっしゃっていましたが、住民の方々は、伝統的な方法で普段からココナツ油を作っているそうで、それに比べると、ふるまった方の油にはまだ少しココナッツの臭みがある点を指摘されていました。しかし、有用なアドバイスも頂くことができました。

ココナッツ・オイルを使用した試食会IMG_3677.jpgIMG_3674.jpg
試食会では、ジャトロファ・センター周辺の住民が調理を手伝ってくれました。

ジャトロファ・センターで昼食を取ってから、ジャトロファ事業の協力先であるディアン・デサ財団がフローレス島で実施してきた水供給・衛生事業のサイトを訪問しました。この辺りでは、水がないからトイレを作れないという住民が多くいました。そこで、ディアン・デサではそのような住民の家に雨水を溜めるタンクを設置して、セプティック・タンク(最も簡素な排水処理設備)を備えたトイレを建設してきました。

IMG_3682.jpg
YDDが設置した雨水タンク

訪問先がヤシ酒(モケ)を作っている農家さんだったことから、偶然にもその生産現場を見せてもらえることができました。モケはヤシの花から採取した蜜(アルコール発酵したもの)を蒸留させて作られます。アルコール濃度は30度以上。出来立てのモケも試飲させてもらいました。

モケの蒸留設備
モケの蒸留炉

それから同財団の事務所に行き、フローレス島でこれまでに行ってきた活動などについてお話を伺いました。ディアン・デサ財団の東ヌサトゥンガラ州支部は1980年の設立以来、10,000ヶ所以上の水供給タンクを設置するなど、住民に密着した支援を実施してきたそうです。

タンクやトイレの設置先の選定にあたっては、同地区の住民にも一部の材料や労働力を提供してもらうことをまず確認するそうです。提供した設備に対して所有者意識を持ってもらうためと、使用される技術を住民自身が習得することが出来るようにとのこと。実際にそこで技術を学んだ住民が、各自の村や他の地域の住民にも技術を広めているケースもあるようです。

ディアン・デサ財団の事務所を出た後は、スラウェシ島からの移民が多く住む漁村(ウォロマラン村)を訪問しました。高床式の住居が多く、一部は海上に建てられています。衛生状態もあまり良くない所です。ゴミも散らかし放題のありさま。案内を依頼していた人の都合が悪くなり、自分たちだけで住宅地を歩いてみただけですが、想像を超えるような場所であったためか、来た甲斐があったと参加者の方々は言っていました。

ウォロマラン村ウリン地区

こうして、12日、13日と実質2日間、普段の観光ではめったに訪問しないような所に行き、多くのことを学んだ参加者の皆さんは14日の朝、デンパサールへ向けて出発しました。

後半(バリ、ジョクジャカルタ編)はこちら

APEX彦坂)

巨大機械―メガマシンを考える 2016「開発とNGO」研究会第2回

APEXでは、NGO活動の基礎となるような世界観を形成していこうと、「開発とNGO」と題する研究会を行っています。2016年度は、これからの技術と社会のあり方について本質的な観点から考えていこうと、全6回からなるシリーズ〈機械と人間〉を開催しています。そしてその第2回が、6月26日(日)行われました。


研究会2016_02_1第2回では、サブタイトルを《古代的メガマシンの成立から近代の幕開けまで》と題しまして、前回に引き続き、メインテキストであるルイス・マンフォードの『機械の神話』を取り上げました。この本のキータームの一つである「巨大機械―メガマシン」は、直接この本の中で定義こそされてはいませんが、おおよそ、強大な権威によって支配される大規模な技術―システムであると思われます。それは、大きな成果をもたらしてきた一方で、さまざまな問題をもはらむ技術―システムのあり方でもあります。それに対してAPEXの掲げている「適正技術」は、このような技術体系の持つ問題を緩和・解決する、あるいは補完する、マンフォードの言葉を借りれば、『「民主的」で分散化された技術』に近いものなのではないかと思われました。

ディスカッションでは、この著書で書かれている内容についてはさまざまな検証や議論が必要であるとしつつ、マンフォードの問題提起やその姿勢、あるいは、1960年代の著作であって、先史時代からの流れをこれほどまでさまざまな側面から俯瞰しているという点においては、優れた著書であるとの意見がありました。この本を足掛かりに、わたしたちが生きている現代、あるいは日本やアジアという文脈の中で「巨大機械―メガマシン」をどう捉え、またそれを乗り越えつつ今後の社会をどのように展望していけるのか、個々で考えていくべき問題だと思います。

本書では、道具と容器、馴致と栽培化など、他にも興味深いキーワードが多く出てきましたが、残念ながら、時間の制約もあり、そのような概念について議論を十分深めることができなかったのは、司会としての反省点でもあります。

ただ、今年度の研究会はまだまだ続きます。今回、2回にわたって取り上げ、読み進めてきた『機械の神話』第一巻ですが、その内容を別の回で持ち出して議論することにはなんの憚りもありませんし、むしろ、回を重ねていくごとに、それまで扱った本の内容をどんどん含めていくことで議論も深まっていくのではないかと思います。

次回、7月31日(日)に開催します第3回は、テーマを「人間と道具の節度ある関係」と題し、イヴァン・イリイチの『コンヴィヴィアリティのための道具』を取り上げます。実はこの本は、これまでの研究会でも何度か取り上げたことのある馴染みの深い本です。ちょうど、2015年に新訳版が出て手に入れやすくなりましたので、まだ読んだことのない方もぜひ一度手に取っていただき、そして「誰かと議論してみたい!」と思ったらAPEX研究会にお気軽にお越しください。いつでもお待ちしています。(塩原)

2016年度「開発とNGO」研究会の詳細・申込みはこちら

研究会2016_02_2
イタリアの博物館に展示されているダビンチの発明品なども紹介されました

人が人になる時-精神と象徴 2016「開発とNGO」研究会第1回

APEXでは、NGO活動の基礎となるような世界観を形成していこうと、「開発とNGO」と題する研究会を行っています。2016年度は、これからの技術と社会のあり方について本質的な観点から考えていこうと、シリーズ〈機械と人間〉題して開催していますが、5月29日(日)にその第1回が行われました。

20160629研究会今年度の研究会は、ルイス・マンフォードの2巻にわたる大著『機械の神話』をメインテキストとしています。これらは1960年代から1970年代にかけて執筆された本ですが、人間と技術の本質的な関係に対する深い洞察は、今となっても読み手にさまざまなインスピレーションを与えてくれる良著です。

さて、第1回は〈人が人になる時―精神と象徴〉としまして、『機械の神話第1巻 技術と人類の発達』の前半部分を扱いました。1章から7章まで進める予定でしたが、初回はオリエンテーション的な位置づけもあり、実際に扱えたのは4章までとなりました。ただ、代表からの冒頭のテキスト紹介や、今回の要約者によるレジュメ、議論を通じまして、参加者間では、マンフォードがこの本で言わんとしていることについてはおおかた共有することができたのではないでしょうか。

「メガマシーン」などのキータームについては次回以降、本格的な議論を進めていくことができるかと思いますので、みなさんの議論を楽しみにしたいと思います。

なお、本研究会は単発でのご参加も歓迎ですので、もしご関心をお持ちの方がいらっしゃいましたら、イベント名や題材のイメージよりも実際にはずっと和やかな雰囲気でやっていますので、どうぞお気軽にご参加ください。!

APEX塩原

▼「開発とNGO」研究会イベントページはこちら
http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ セミナー・研究会・研修
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org