特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

【報告】第三回「開発とNGO研究会」

こんにちは。インターンの佐久川です。

5月31日(日)に、第三回「開発とNGO」研究会がひらかれました。今回の研究会については、事前告知が出来ませんでしたので、報告というかたちで皆さんにお伝えしたいと思います。


テキストはデニス・メドウズの『成長の限界』(ダイアモンド社)。私事ですが、先日偶然にも大学の授業で、『成長の限界』を読んでレポートを書く課題が出たのです。今回は、研究会のテキストを読むことで課題のほうも片付き、また当日は様々な方からご意見を伺うので、内容を充実させるヒントも多数あるはずで、なんという奇跡かと、お得な買い物をした主婦のような気持ちで臨みました。(少し不謹慎ですが)

研究会は、まず、全体像についての報告がなされ、次にコメントが寄せられます。この2点を元に参加者によるフリートークが行われます。第3回は、レポーターの方が図表入りの資料で本書の全体像をまとめあげ、コメンテーターは、新たな角度から論点を見つめなおしていました。それによって『成長の限界』が立体的に浮かび上がり、参加者からの意見や質問で議論は大いに盛り上がりました。三時間もの時間があっという間に過ぎたように感じました。

非常に勉強になり、おかげさまで課題のレポートもずいぶん充実したものになりそうです。参加者のみなさまにはとても感謝しています。




さて、次の第四回「開発とNGO」研究会についてですが、7月5日(日)の午後2時から始まります。

テキストは、シューマッハーの『スモールイズ ビューティフル-人間中心の経済学-』(講談社学術文庫)を取り扱います。これについてはおいおい告知したいと思います。

第3回までは、どのような環境問題があるかや環境問題の原因などについて論じた本を取り上げてきましたが、これからの回は、それらの問題の解決の糸口や、人間社会はどうあるべきかなどを論じた本を取り上げていきます。

中盤に差しかかったところですが、どなたでもご参加いただけますので、ご関心の折には、ぜひお申し込みください。・・・レポート作成にもお勧めです(小声)。

(APEX 佐久川)

沈黙の春「開発とNGO」研究会テキスト

こんにちは。インターンの佐久川です。

春風とともに4月も過ぎ去ろうとしています。最近は暑い日も多くなりましたね。
季節の変わり目は体調を崩しやすくなるものです。わたしのまわりではインフルエンザが絶賛蔓延中でして、大学の友人が次から次へと倒れてゆく光景を目にしています。みなさんもお体には十分お気をつけ下さい。

さて、4月12日に「開発とNGO」研究会 シリーズ《環境・エコロジーの古典を読む》の記念すべき第1回が開催されました。テキストである「現在の生態学的危機の歴史的根源」は、今日の生態学的環境破壊の原因をキリスト教的人間中心主義に求める論文です。当時大論争を巻き起こした問題作ということもあり、研究会においてもさまざまな意見が飛び交いました。興味を深い見解や考えさせられる質問をとおして、大いに勉強になったとわたしは思っています。




第2回「開発とNGO研究会」にて取り扱うテキストは、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』です。ご存知のとおり、現在70刷以上も版を重ねた良書で、新潮文庫の100冊に何度も採用されています。環境問題を語るうえでなくてはならない、基本中の基本と言っていいのではないでしょうか。

新潮文庫版『沈黙の春』は非常に手に入れやすく、図書館でもすぐに見つけることが出来ると思います。また、お近くの書店や古本屋でも安価で販売されています。全体で400ページ近くありますので、お忙しい方は時間に余裕を持ってゆっくり読み進めることをお勧めします。

第2回「開発とNGO」研究会は5月10日(日)に行われます。現在も申し込みを受付中ですので、ご関心がございましたら、ぜひ参加ください。


沈黙の春
(本書紹介)
自然を破壊し人体を蝕む化学薬品。その乱用の恐ろしさを最初に告発し、かけがえのない地球のために、生涯をかけて闘ったR・カーソン。海洋生物学者としての広い知識と洞察力に裏づけられた警告は、初版刊行から四十数年を経た今も、衝撃的である。人類は、この問題を解決する有効な手立てを、いまだに見つけ出してはいない――。歴史を変えた20世紀のベストセラー。待望の新装版。

「開発とNGO」研究会詳細 http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html

機械と神 「開発とNGO」研究会テキスト

事務局の三木です。

春の足音が近づいてきました。もう冬のコートは必要ないですね。

さて、この4月より「開発とNGO」研究会では、新企画 シリーズ《環境・エコロジーの古典を読む》が始まります。(URL:http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html)

本シリーズは、これまでの環境・エコロジーをめぐる思考の底流を形成してきた文献に学びながら、今日の環境問題に関し、その由来を掘り下げ、また人間と社会のあり方の問題にまで遡って考えて、本質的な緩和・解決の方向を探っていこうとするものです。
第1回は4月12日(日)に開催します。現在申し込みを受付中ですので、ふるってご参加ください。



環境問題というと、個人的には、省エネ家電・商品など「モノ」に目が行きがちなのですが、この機会に反省し、また新企画への期待も込めて、さっそく第1回のテキスト「機械と神」を読み始めました。

なお、古典を読むというタイトルではありますが、第1回のテキストは1999年の発行で、最寄の図書館で借りることもできます。第1回は、この本のある1章『現在の生態学的危機の歴史的根源』に焦点をあてており、お時間が無い方は、この章から読むことも良いかと思います。

研究会では、スタッフ数名がオブザーバーとして参加しますが、こちらとしても大いに勉強させていただく姿勢でおります。多数のみなさまのご参加をお待ちしております。

最後に、この本の裏表紙にある説明書きをご紹介します。

機械と神

「地球的規模で起きている、環境破壊.この生態学的な人類存続に対する危機は、科学や技術の無制限な研究・開発によってもたらされた.われわれはこの危機を,科学や技術を規制することによって回避できるのだろうか?著者はこの動向は,キリスト教的な世界観によって宿命付けられていると主張する.人間中心の自然観,創造説に見られる無限の進歩を目指す目的論,中世の修道士によってはぐぐまれた機械や動力尊重の思想などが根源にあると考えるのである.このように西欧文化に内在する自己矛盾を捉えた本書は,人間と自然のあり方を考える上で,最良の導きの書となろう。

「開発とNGO」研究会詳細 http://www.apex-ngo.org/kokunai/kenkyukai.html

(APEX 三木)

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 研究会
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org