FC2ブログ
特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

進む技術内容の周知と候補地選定(第三年次)

排水事業についてジョクジャカルタから今月の様子をレポートします。
先月のプログラム研修を契機にして、設置を検討したいという関心表明書がたくさんPUSTEKLIMに届きはじめています。
この後現地調査を経て、PUSTEKLIMが推奨するシステムが設置可能だということを確認する必要がありますが、おおよそ今年度の設置予定が見通せてきたというところです。



それに伴って、先日スラバヤ近郊のシドアルジョとグレシックの現地調査に行ってきたのでご報告いたします。

シドアルジョは、スラバヤの南方に位置しており、空港がある都市です。近年では、2006年より汚泥を噴出し続けている泥火山が有名で、その規模は世界最大とのこと。
シドアルジョ県では、近年IPAL Komunal(コミュニティベースでの排水処理の施設)の設置をはじめたばかりで、少ししかまだありません。
そこで、シドアルジョ県では、1つの既存IPALを現地調査してきました。

sidoarjo

sidoarjo

グレシック県は、スラバヤの北西に位置しており、アラス海峡に面し、マドゥラ島の対岸にあります。昔から港町として栄えていて、今も漁業と、工業が盛んなようです。
グレシック県は、USAIDの支援などもあり、既にたくさんのIPAL Komunalが設置されていて、地方政府によるメンテナンス体制も整っているとのことでした。
グレシック県では3つの既存のIPALを現地調査してきました。

IMG_20190710_080731.jpg

IMG_20190710_084331.jpg

IMG_20190710_091810.jpg

シドアルジョも、グレシックも、スラバヤという大都市の郊外に位置しており、住宅密集度がとても高いエリアになります。そのため、IPALを設置する場所を見つけるのが少し難しいという事情があるそうです。海に近く、川が多いので、水路のようなものが街中に張り巡らされており、そこに直接下水を放出するケースも多いようです。そのため、悪臭の被害は大きく、排水処理設備の需要は大きいように感じました。
IMG_20190710_083823.jpg

IMG_20190710_083932.jpg

IMG_20190710_082803.jpg

ジャカルタやスラバヤの人口密度は東京よりも高いというデータもあるのはご存知でしょうか?さらに、都市への人口集中も加速度的に進んでいます。
これからますます、上水・下水、ゴミ処理など、たくさんの人々の生活と健康をどのように支えていくのか、見て見ぬふりをできない状況になってくると強く感じました。


中村

プログラム研修を開催しました!

25・26日にプログラム研修(通称BIMTEK)をジョグジャカルタで開催し31人の参加者が集まりました。

プログラム研修とは、地方政府担当者、ファシリテーター、コンサルタントなどを対象に、コミュニティ排水処理適正技術と、推奨システムの設計手法に関して研修を行うものです。



今年度に回転円板を用いた排水処理システムの導入を検討している地方政府の方々など、ジャワ島を各地を中心に、遠いところではスラウェシ島北部からの参加があり、私達の予想よりも少し多くの方が集まってくれてとても嬉しかったです。

1.jpeg



嫌気性処理と好気性の処理の違いなどの基本的な違いや、APEXが推奨するシステムがどういったものなのか、まずはじめに大枠を田中代表から説明します。
16.jpeg


その後、ヘルマンさんから、設計の方法を順々に説明していきます。
私達が推奨する処理方法では、ゴミや油をとりのぞくプレトリートメントを通り、嫌気層を通し、最後に回転円板のある層に順々に汚水が流れて行きます。
その各層の大きさをどうやって計算するのか、どのようなプロポーションにすればいいのかが説明され、あとから自分たちでも設計ができるくらいの情報量です。
熱心にノートをとっている人もいらっしゃいました。
14.jpeg



皆さん真剣で、たくさんの質問が飛び交います。
17.jpeg

11.jpeg

7.jpeg



2日目には、みんなでバスに乗り会場を出発し、ジョクジャカルタに今年設置した施設を2箇所見て回りました。
一つめは学校、2つ目はメンディロ地区というところです。

メンディロ地区は、APEX通信83号の表紙にもなっていますが、処理施設の上に集会場も作られていて、周囲はある種の公園のような雰囲気です。処理水を活用して魚を飼うなど、とても素敵な場所になっていて、下水=汚い、臭いというイメージを持っているとびっくりすると思います。
19.jpeg

2.jpeg


メンディロ地区については、Youtubeでもご覧いただけます。



最後に会場に戻り、ユニさんの方から、どのように手続きが進められていくのかについて説明します。
ある地域では、既にたくさんコミュニティ処理の施設があり、ポンプにかかる月々の電気代も政府が負担しているという話があり、とてもおもしろく聞きました。地方政府によって取り組みが様々だということがよくわかります。
9.jpeg


全体を通して、とても皆さんの反応がよく、今年度の設置に関する話も進んだようで、実りのある会になったと思います。

中村


コミュニティ排水処理事業、第2年次を終えて ―地方政府の自己負担による設置が始まる―

 2017年2月から、処理水質の良好な、住民参加型のコミュニティ排水処理システムを広域的に普及させるための事業が、外務省の日本NGO連携無償資金協力の資金を得て始まりましたが、三年計画の事業の第2年次が終わり、第3年次が始まりました。今回は、2018年11月から2019年4月までの状況をご報告します。
メンディロ地区に設置された回転円板

<コミュニティ排水処理事業のめざすもの>
 インドネシアは、順調な経済発展をしているにかかわらず、都市部の衛生環境は劣悪で、また水質汚濁も依然として深刻です。それらの問題を解決していくためには、生活排水や産業排水をきちんと処理するしかありませんが、工業化の進んだ国々で普通に行われている大規模集中型下水道は、多大な投資と長期の建設期間を要するため、近い将来に普及していくことは望み薄です。現実的な解決策として、近年、コミュニティレベルの衛生改善策が注目され、多くの自治体で実施されるようになっていますが、これまでのコミュニティ排水処理は、嫌気性処理のみを行なうものでした。それでは満足な処理水質が得られず、生活排水基準も充たせないため、この事業では、嫌気性処理と好気性処理を組み合わせた、安価で運転管理が容易でありながら処理水質が良好なシステムを普及させようとしています。その中の好気性処理としては、独自開発の立体格子状接触体回転円板式排水処理装置を用いています。この事業にいたるまでは、地方政府との打合せに始まり、システムを設置するコミュニティの選択、住民との合意形成、設計、工事、運転管理の研修、引き渡しにいたるまで、すべて自分たちで行う直営方式でモデルシステムを設置してきましたが、それでは設置できる数は限られています。今回の事業では、インドネシアで通常に行われているコミュニティ衛生改善の施策の中で、このシステムが技術選択肢のひとつとして普通に選ばれ、設置・運転されていくようになることをめざしています。
メンディロ地区の排水処理施設

<第2年次の到達点>
 表1は、第2年次の活動計画と、実績を対比して示したものです。技術の周知活動では、平均20名以上の参加を得て、計6回以上実施する計画だったところ、平均31名の参加を得て11回実施、事業の中核となるモデルシステムの設置については、15基以上設置の計画だったのが17基設置、人材育成分野では、プログラム研修を、25名以上の参加で4回以上実施する予定だったところ、平均38名の参加で5回実施するなど、全体として計画を上回る実績を上げています。
排水処理表


<地方政府/住民の自己負担による設置が始まる>
  第2年次の特記事項として、地方政府/住民が、回転円板を自己負担により調達するケースが出てきたことがあります。中部ジャワ州パティ県(4台)、同州スマラン県(2台),西ジャワ州バンドゥン県(1台)がそのようなケースです。ただ、現状のコミュニティ排水処理の予算ではすべてをまかなえない場合が多く、このため、回転円板を二つのパーツに分割して、一方のパーツを先方の予算で、他方を事業予算で負担する、という部分的援助システムで導入してもらったりしています。嫌気性処理だけのシステムの建設コストと、事業で推奨しているシステムの建設コストは、推奨システムだと嫌気性部分を格段に小さくできるため、回転円板を付け加えても、全体ではあまり変わらないのですが、ただ最近は、嫌気槽にプラスチックのメディアを詰めたコンパクトなタイプの嫌気槽がよく用いられるので、そのための予算では、推奨システムの設置にはやや不足します。嫌気性処理だけでは、処理水が国の基準を充たす性状にならないことは明らかなので、国としても、そのへんを認識して、もう少し予算をふやしてほしいです。
  地方政府/住民の自己負担で、事業の予算にも余裕が出ましたが、その分は、設置基数の追加や、設置済の施設で改善が必要となった場合の補修費用にまわすようにしています。
チケンバンのMCK

<処理水の再利用が進む>
  もうひとつの特記事項としては、推奨しているシステムでは処理水質が高いという認識が住民に根付いて、処理水を魚の養殖等に利用する動きが広がってきたことがあります。第1年次設置分ではジョクジャカルタ特別州ジョンカン地区が、処理水により魚の養殖しており、養殖池の増設を進めています。第2年次設置分では、同州スコハルジョ村メンディロ地区、同州イブヌル・コイイム校(寄宿制のイスラム学校)が処理水で魚を飼育している他、同州スロルタニ村も同様に魚の飼育を計画しています。パティ県などで、処理水が水田に流れ込んで、灌漑に利用されるケースもあります。
特にモデル的意味が大きく見学者も多いのが、上記のスコハルジョ村メンディロ地区の施設です。もともとカフェと集会所と図書室を合わせたようなスペースの地下に嫌気性処理設備をつくり、処理水が、植物を植えた砂利の層を通って(コンスラクテッド・ウェットランドという一種の好気性処理をまねたものと思いますが、それにしては小さすぎます)、池に入り、そこで魚を飼うという発想でつくられたものですが、実質的に嫌気性処理だけなので臭気があり、また処理水で魚を育てるのも、水質的にむずかしさがあります。そこに、今回の事業で、好気性処理である回転円板を加えたことで、臭気がなくなり、処理水質が上がって魚も飼えるようになりました。子供や中・高校生のたまり場的な場所でもあるので、教育的意味もありそうです。
処理水で魚を飼う(メンディロ地区)

<チケンバン>
  第2年次に設置した中で、もう一か所印象に残ったのが、西ジャワ州バンドゥン県チケンバン村の施設でした。こちらは、MCK(Mandi Cuci Kakus)という、公衆トイレと水浴び場と洗濯場を兼ねた設備の排水を処理するものです。やはり、以前は嫌気性処理のみを行うものでしたが、悪臭がするので、回転円板の導入を希望され、それに応じたものです。100軒くらいの家庭がこのMCKを使っていて、みなさんのようすから回転円板が歓迎されているのを感じました。この当たりはジャガイモの産地のようですが、おみやげに、大きな網袋に入ったジャガイモをくれました。夕暮れに、このMCKから、タオルを肩にかけて家に帰るお婆さんのようすが、まるで銭湯で一風呂浴びて、ああ、気持ちよかった、と帰る感じに似ていました。
チケンバンの住民の方と

<第3年次の署名式>
 そうこうするうちに、申請を出していた第3年次事業の審査が無事に終わり、2019年2月27日に、ジャカルタの日本大使館で、第3年次事業の署名式がありました。石井大使とは、昨年も署名式でお会いしましたが、この事業のことを覚えていてくれたのがうれしかったです。また、かなりの報道陣が入り、計8件ほどのメディアで取り上げられました。事業内容としては、第3年次も、おおよそ第2年次と同じですが、セミナーを開催したり、排水処理適正技術マニュアルを出版したり、といった活動が加わります。
ジャカルタの日本大使館での署名式
 
 そのように、相当に順調な流れの中で事業の第2年次を終え、2019年3月から第3年次に入りました。住民の方々によろこんでもらえるように、また、はりきって仕事にとりかかりたいと思います。(田中直)

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2019-08 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 各ページ
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix




携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org