特定非営利活動法人APEX
サイト内の検索Googleホームページロゴ

インドネシアを中心に活動を行う特定非営利活動法人 APEXのスタッフ日記です。ここに書かれたことはスタッフの個人的見解であり、APEXの公式見解とは異なる場合があります。

«  | ブログトップへ戻る |  »

APEX創立30周年記念行事が行われました

APEXは、今年創立30周年を迎えましたが、去る12月9日(土)に創立30周年記念行事-APEXの30年の歩みをふりかえって-を行いました。

P1000785.jpg

記念行事は2部の構成をとり、まずは、30年の歴史を振りかえり、時代ごとにゆかりの深い方にお話しいただく「講演の部」、次にパーティを行いました。

APEXの創立は1987年ですが、それから2000年頃までは、インドネシア現地NGOの支援が主な活動で、国内では、セミナーや研修生派遣事業を行っていました。

当時の活動は、社会人がボランティアベースで行っており、会の意思決定はミーティングでなされていました。わたしが入職する前の時期のため実感はありませんが、講演内容から感じられたのは、当時は国内外を問わず多くの方が交流して有機的なつながりを持ち、それらが影響し合って活動を成り立たせていたということでした。

P1000792.jpgP1000816.jpg

2000年頃から現在に至るまでは、事業が盛んに行われた「プロジェクトの時代」です。

APEXの代名詞である適正技術の開発が進展した時期であり、排水処理事業、バイオマスエネルギー事業ともに開発が進み、国内では、APEXセミナーや「開発とNGO」研究会も行われました。

改めてこれまでの歩みを振り返ると、少しずつ積み上げてきたものの大きさが分かり、たいへん感慨深いです(その時その時で今でも覚えていることというのは、大変な思いだけだったりもするのですが笑)。設立当時の問題意識は時代と共にますます重要視されていることでもあり、今後の活動は、この流れを太く大きくしていく事を目指していきたいものです。

P1000804.jpgP1000798.jpg

第2部のパーティは、はじめに、東北大学の原田先生からお言葉をいただき、ついでAPEX副理事の吉田の乾杯でスタートしました。1部でお話いただかなかった方々にお言葉をいただきました。

パーティの中盤には、余興の一環として、現ボランティアメンバーによるバンド演奏がありました。内容は、APEX創設時、10周年記念時(1997年)、20周年時(2007年)そして30周年(今年)のヒットソング各2曲の演奏だったのですが、「なつかしい!」、「わからないし(笑)。」という声が聞かれて、たいへん盛りあがりました。

P1000864.jpgP1000880.jpg

この催しには、会員の有無を問わず、40名ほどの方が参加してくださいました。
入職したての頃にお世話になった方々にもお会いできて初心を思い出したり、ご協力者のみなさまのあたたかいお気持ちに触れられて、節目としてふさわしい機会となりました。

(APEX三木)

ジョンカン地区の排水処理設備の検収を行いました

今年2月から外務省の日本NGO連携無償資金協力事業として始まったコミュニティ排水処理事業も、第1年次の終了まであと2ヶ月を切りました。10月に行われたプログラム研修の甲斐もあって、第1年次の目標であった13ヶ所の対象コミュニティも決まり、設備の建設を急ピッチで進めているところです。雨季という状況と、設置工事要員の少なさがネックとなっていますが、何とか契約期間内には完成させたいです。

そんな中、ジョクジャカルタ特別州スレマン県のサリハルジョ村ジョンカン地区に設置された回転円板の検収をおこなうというので、同行しました。ここはもともと嫌気性処理のみの設備でしたが、本事業で回転円板を追加した地域です。対象世帯数が多いので、回転円板を2基設置しています。現在の接続世帯数は350世帯とのこと。

排水処理設備全体回転円板

実際に現場へ行ってみると、こちらが推奨している設計どおりには作られていませんでしたが、何とかカバーできる範囲内のようです。今はまだ電源が接続されていないので、発電機を持ち込んで回転円板の試運転を行い、きちんと運転が行えることを確認しました。

発電機を用いた試運転住民への説明

以下の地図は、第1年次の対象コミュニティのある県/市(すべてジャワ島内)の場所を示したものです。1つの県/市でも複数のコミュニティに設置されているケースもあり、全部で13ヶ所以上のコミュニティが対象となります。その他にも複数の地域から既に関心表明があり、第2年次の対象コミュニティの選定は第1年次ほど苦労せずに済みそうです。

対象コミュニティ(第1年次)

(APEX彦坂)

10/17,18に行われた今年2回目のプログラム研修@ジョクジャカルタ

10/17,18にジョグジャカルタで、今年2回目のプログラム研修を行いました。

この研修は、地方政府の衛生環境改善担当者やファシリテーターの方々を対象に行うものです。
今回は2日間という限られた日程のうえ、対象もファシリテーター向けということから、施設導入をふまえた必要条件や課題を考えながら行う、かなり現実的なカリキュラムが組まれているところに特長があります。

現実的な、という意味は、例えば、地方政府主導による排水処理設備の設置の場合、低コストで手間がかからない処理技術(嫌気性微生物を使った方法)が選択されることが多いです。

そうなると、(おそらく技術上の長短や運営上の注意点などの情報共有や、住民との合意形成が不十分なのではないかと思う面もありますが)設置後に「クサい」ことへの苦情が寄せられることが多いです。これが悪化すると、つなぎこみをやめる家庭が増えたり、ひいては運転をやめる地域さえ出てきますが、これが典型的ともいえる現実的問題の例です。

そのため、嫌気性処理と好気性処理の組み合わせによって、臭気の問題が解消できますよ、コストも予算内に収まりますし、既存の設備の改造でも効果が得られますよ、という点を中心的に説明を行って、理解を得たいというような意図を背景として、講義のカリキュラムが考えられています。

2日間のカリキュラムは、以下のような内容でした。大筋は7月の研修と同じです。
10月17日
講義① 嫌気性処理と好気性処理の組み合わせによるコミュニティ排水嫌気性処理の機能向上について
講義② 処理水の性状について(品質および重要な要素について)
講義③ 管渠(配管、処理槽の管理、つなぎこみ等)におけるポイント
講義④ 前処理方法
講義⑤ 好気性排水処理の特徴
講義⑥ 嫌気性排水処理の特徴
講義⑦ 設計演習1

10月18日
・現地視察
・排水処理センターで実施中の案件のご説明
・設計演習2

今回は主に西ジャワ州に属する地方自治体から参加者が集まりましたが、両日とも、事前の申し込み以上に参加者が集まり、スタッフ達は対応に追われておりました。

講義は、代表の田中を始め、それぞれ専門スタッフが担当しました。
tanaka_20171125155018cb1.jpg
(講義「嫌気性処理と好気性処理の組み合わせによるコミュニティ排水嫌気性処理の機能向上について」 担当APEX代表田中)

herman.jpg
(設計演習 担当ヘルマン)

Yuni.jpg
(排水処理センターで実施中の案件のご説明 担当ユニ)

Juni.jpg
(講義「管渠(配管、処理槽の管理、つなぎこみ等)におけるポイント」 担当ジュニ)

会場からも具体的な事例に沿った質問や相談が出始め、それに応答すると、技術や課題の解決策についての理解が進み、信頼感が高まる感触がありました。
peserta.jpg

視察の際には、カラングワル地区を訪問。
karangwal1.jpg

月々の電気代はいくらか、停電の時はどうするのか、等の運営への質問が殺到しました。
karangwal3.jpgkarangwal2.jpg

最後に記念撮影を行い、参加者の一体感が最高潮に達したところで終了です。みなさん笑顔で会場を後にしていきました。
foto.jpg
(写真をクリックすると拡大します)

余談ですが、この後、導入に前向きな地域がいくつも出てきまして、今年度中の設置を目指す13の候補地が確定する段階まであと一歩というところまで進めることができました。

現地スタッフの実行力には驚かされます。
staff.jpg
(センタースタッフ、左からユニ、ヘルマン、ジュニ、メルトン、三木)

(APEX三木)


続きを読む »

«  | ブログトップへ戻る |  »

カレンダー

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

カテゴリ別

現在の位置

アパ・カバール?
 トップページ
  └ 各ページ
by AlphaWolfy

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

Appendix


FC2Ad



携帯用QRコード
QRコード

Copyright (C) 2015 特定非営利活動法人APEX, All Rights Reserved.
〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12 井上ビル2F(地図・アクセス
電話TEL:03-3875-9286 / ファックスFAX:03-3875-9306 / 電子メールE-mail:tokyo-office@apex-ngo.org